2018年1月26日

犬の柄・パターンについて!タンやハーレクインなど一覧でご紹介6/6


ブラックマスク

ブラックマスクパターンの犬 ブラックマスクはその名の通り、ホワイトやクリームなどのベースの淡い色にマズル周辺や耳などが黒くなるパターンです。

ブラックマスクのパターンで知名度の高い犬種は以下になります。

パグ

ブラックマスクパターンのパグ

ペキニーズ

ブラックマスクパターンのペキニーズ

フレンチ・ブルドッグ

ブラックマスクパターンのフレンチ・ブルドッグ

犬の被毛の決まりごと

ミニチュアダックスフンドの子犬 この犬種はこうであるのが望ましいということを数値などで詳しく定めたのが、「犬種のスタンダード」です。

基本的にこのスタンダードに則った犬しかドッグショーに出場することはできず、公式に繁殖することもできません。

これは、ただ美しい容姿を持つ血統を守るためだけではなく、遺伝的疾患などを持つ犬を産ませないためにとても重要なことです。

そのため、犬の世界では、いろいろな色やパターンを好き勝手に交配させることはできないのです。

例えば、ミニチュア・ダックスフンドのある色は同じ色同士で交配させることは禁じられています。

しかし、珍しい色や模様の犬が求められ、もてはやされている現状から、こういった禁を犯すブリーダーも存在するのも事実です。

珍しい色や模様がなく、どんなカラーであったとしても、どの犬も世界に一匹だけの犬なので大事にしてあげてください。


まとめ

様々なパターンの犬 犬のパターンを一覧で紹介しました。

犬というのは、犬種、カラー、そのカラーの組み合わせのパターンによって無限に魅力が生まれる動物です。

そのパターンは同じ呼び方でも千差万別です。

また、ミニチュア・ダックスフンドやチワワ、トイ・プードルなど人気の犬種は認定されていないカラーやパターンが無理やり作られるケースがあります。

スタンダードに認定されていないパターンは確かに珍しいですが、なぜ認定されていないのかをお迎えする前に一度考えてみることも大切かもしれません。

1 2 3 4 5 6

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP