2017年11月17日

【たぶん業界最速レポート】ドッグカメラ「Furbo(ファーボ)」が「AI」導入!!発表現場に潜入取材2/2


ファーボ、今後の展望

Furbo代表によるプレゼンテーション

AIはユーザーによって育てられる

人工知能は人間のように、経験から学習する力をもっています。つまりユーザーが増えれば経験値も一気に上がります。

今回のスマートドッグ通知も最初はきごちないかもしれませんが、ユーザーがたくさん増えそれらのケースを吸収し、どんどん的確な通知が可能になります。

目標は「通知をより細かくカスタマイズできるように」

Furbo通知画面イメージ 今回発表された通知シーンだけでもなかなかバリエーション豊富な印象を受けましたが、これをさらに細分化していくことが今後の目標となるようです。

クラウドレコーディング対応を

現時点ではファーボで撮影された写真などはクラウド上で24時間だけ保存されるようになっています。

ゆくゆくはクラウド上で過去のアーカイブをもう一度見れるようにしていくとのこと。

長く使えば、クラウドに愛犬ムービー集ができていくような感覚ですね!

今回、ドッグカメラ業界初の「AI活用」という驚きを運んでくれたFurboですが、まだまだ完結というわけではなさそうです。

Furbo製品イメージ 飼い主の帰宅を”じっと”待つ愛犬と、その姿を想像し心配する飼い主さん、双方にとって留守番はあまり喜ばしくない時間かと思います。

Furboはそんなネガティブだらけの時間をちょっとポジティブに変えてくれるアイテムです。

実は愛犬は”じっと”待ってなんかいなかった、なんて、小さな驚きがあるかもしれませんよ。

今回、発表会場となった「hanami表参道」では、Furboが体験できるカフェとして期間限定でオープンしています!

AI活用というワクワクと、「スマートドッグ通知」という新サービスを搭載したFurbo、気になった方はぜひ会場まで体験しに来てみてはいかがでしょうか。


▼イベント会場
hanami 表参道

▼営業時間
2017年11月17日(金)~19日(日)の三日間
17日▸▸▸ 15:00~22:00(L.O 21:30)
18日▸▸▸ 11:00~22:00(L.O 21:30)
19日▸▸▸ 11:00~20:00(L.O 19:30)
※L.O…ラストオーダー

▼アクセス
東京都渋谷区神宮前5-3-8 AF Lohas St. Bldg 1F

1 2

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP