2017年10月5日

【専門家が解説】「犬の臭い」の原因は?ケア方法や対策について4/4

監修にご協力いただきました!

氏原由佳理先生

トリマー 

トリマー歴9年。愛玩動物飼養管理士1級。ホリスティックケア・カウンセラー。

動物の専門学校を卒業後、ペットショップ、動物病院でトリマーとして勤務。

現在は自宅でサロンを開業し「心地よいトリミング」をテーマに、犬の気持ちに寄り添った負担の少ないトリミングを実践中。ちょっと大きめトイプードルと暮らしてます。



スポンサーリンク

アニコムバナー①

犬の臭いの原因その5 住環境の臭い

掃除機と犬 犬の毛には、住環境の臭いが移りやすいです。実際にその家に住んでいる人が臭いを認識するのは困難ですが、他の人が嗅ぐとその家独特の臭いがする場合があります。そのため、家が汚れていると、犬の毛の臭いも強くなります。

また、犬の臭いは犬が生活するスペースの汚れ具合にも左右されます。犬のケージやトイレが汚れていれば、犬の毛も汚れてしまいます。毛についた排泄物の汚れは、臭いの原因になります。

犬のウンチの臭いは、日常的に食べているフードに影響されることがあります。原材料の中に脂質やタンパク質が多すぎるフードは、消化されずに残った栄養がウンチに混じって臭いが強まります。

他にも、食べるフードの種類によっては、ウンチだけでなく犬の体臭が変わることがあります。

犬の住環境の臭い対策 家の掃除

住環境による犬の臭いを予防するためには、家を掃除することが大切です。床やカーペットに落ちた抜け毛は掃除機で吸い取り、布団のシーツやクッションカバーなど、洗えるものはこまめに洗濯しておきましょう。

また、家の中でタバコを吸われている場合は犬の毛にも移ります。家の外で吸うなど分煙することを心がけましょう。

そして、犬のケージやトイレの掃除も大切です。ケージに敷いてあるタオルや毛布はこまめに洗い、おしっこやウンチのついたトイレシーツはすぐに片付けましょう。

こまめなシャンプーを行っているにもかかわらず犬の体臭が気になる場合や、ウンチが臭う場合は、今食べているドッグフードを見直してみましょう。

まとめ

顔を見つめ合う犬と飼い主 犬の臭いを防ぐには、シャンプーや耳掃除、肛門腺絞りなど、こまめなケアが肝心です。また、犬が住む環境を掃除したり、フードを変えてみたりするのも良いでしょう。

それでも犬の臭いが気になるなら、病気で体調を崩している可能性もあります。犬の様子を観察し、必要なら病院に連れて行ってあげましょう。

氏原由佳理 文:氏原 由佳理

トリマー歴9年。愛玩動物飼養管理士1級。ホリスティックケア・カウンセラー。

動物の専門学校を卒業後、ペットショップ、動物病院でトリマーとして勤務。現在は自宅でサロンを開業し「心地よいトリミング」をテーマに、犬の気持ちに寄り添った負担の少ないトリミングを実践中。ちょっと大きめトイプードルと暮らしてます。

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

スポンサーリンク

アニコムバナー①


Qpet協力ドクターの紹介
カテゴリー一覧

PAGE TOP