2018年3月3日

【専門家が解説】気づいてあげたい愛犬の薄毛やもつれケアとは?2/2

監修にご協力いただきました!

トリマーライセンス取得後に、マーケティング・広報宣伝としてペット用品メーカーに勤務。

現在は愛犬をご自宅のような環境でストレスなく預かる“いぬのホームステイ”『Pet sitter & Doggy Daycare Lima Lima 』を運営。

ホームステイ中の犬のケア、ご自宅まで訪問するペットシッター、トリミングの知識を活かして自宅で出来るグルーミングレッスンなど飼い主様に合わせたプライベートサービスをを行ってます。


こんな場合は動物病院に相談しましょう

薄毛やもつれた箇所をよくよく見れば、皮膚が炎症を起こしていたり、吹き出物ができていたり愛犬の体調の異常を発見したら速やかに動物病院の診察を受けましょう。

傷口や炎症の部分を舐めたり掻いたりを続けていると治りが遅くなるだけではなく、雑菌が入って悪化させてしまう場合もあります。

また、アレルギー反応によるものであれば、食事や生活スタイルの改善が必要になります。

耳の中の汚れについても、汚れを拭き取っても悪臭が強くて改善が見られない場合も受診して動物病院での診察を受け、お薬の処方や洗浄の処置をしてもらいましょう。

環境の変化によるストレス

ケージの中のラブラドール 手足の先や身体の同じ部分を舐め続けている犬を動物病院に連れて行った所、皮膚病やアレルギーではなく、ストレスによるものと判断される場合もあります。

引越しなどの住環境の変化や、出産や単身赴任など家族が増えたり減ったりすること、留守番の時間が長くなるなどの変化にストレスを感じて手足の先などを舐め続ける行動をとる場合があります。

この場合、愛犬との接する時間や、短い時間でも愛犬と向き合える充実した時間を作る(お散歩や遊びなどコミュニケーションの充実)などで解消されることもあります。

愛犬の心の健康もしっかり気を配ってあげましょう。


まとめ

散歩する犬と飼い主 言葉を発しない犬たちが行動や仕草、身体に表れる変化で知らせてくれるサインを上手に読み取ってあげると愛犬との絆もより深くなります。

また心身ともに健康で長生きしてくれることは何よりの願いですね。

日々のブラッシングは食事や散歩と同じく大切な健康管理にかかせない習慣としてしっかりケアしてあげてくださいね。

櫛部優子 文:櫛部優子(くしべゆうこ)

トリマー、愛玩動物飼養管理士、ペットシッター士
トリマーライセンス取得後に、マーケティング・広報宣伝としてペット用品メーカーに勤務。
現在は愛犬をご自宅のような環境でストレスなく預かる“いぬのホームステイ”『Pet sitter & Doggy Daycare Lima Limam』を運営。ホームステイ中の犬のケア、ご自宅まで訪問するペットシッター、トリミングの知識を活かして自宅で出来るグルーミングレッスンなど飼い主様に合わせたプライベートサービスをを行ってます。

1 2

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう



合わせて読みたい

PAGE TOP