2017年11月3日

愛犬のためのDIY(手作り)教室~犬小屋~3/5


⑧屋根を付ける

次に屋根を付けていきます。雨風にさらされる場所に犬小屋を置くのであれば、防水性や耐久性に配慮することが大切です。また、三角になっている頂上部分はしっかりと板を重ねて雨漏りしないようにしましょう。

⑨塗装する

ハケで青い塗料を塗っている様子 塗装されていないまま犬小屋を屋外に置くと、あっという間にボロボロになって使えなくなってしまいます。愛犬が長期的に使える犬小屋を作りたいのであれば、必ず塗装をしましょう。

塗装をするときには、塗りにくい部分から塗っていくことできれいな仕上がりになります。丁寧に二度塗り、三度塗りして塗料をしっかり材料に染み込ませてください。

このときに使用する塗料は、犬小屋を補強する大切な役割を担っています。安く作れるのがDIYの良いところではありますが、ここで安い塗料は使用しないようにしましょう。また、屋根の塗装は2~3年ごとに塗りなおしてくださいね。

⑩ネームプレートを付ける

何も飾りがない犬小屋は、少々見た目が寂しいかもしれません。そのような場合は、愛犬のネームプレートを付けてあげましょう。それだけでも凝った雰囲気になりますよ。

完成!

これで完成です。初めて作る場合は多少の不具合があるかもしれませんが、犬はあまり気にしません。きっと喜んでくれるはずですよ。

次ページ:【屋内用】ダンボールで手軽に犬小屋を作る方法も!

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク

アニコムバナー①


PAGE TOP