2018年1月18日

犬用バリカンを選ぶ際の4つのポイント2/2


バリカン選びのポイント④音が静かである

テレビを見るポメラニアン トリミングが苦手な子をセルフカットする場合、バリカンの動作音に驚いて逃げてしまうことがあります。

実際に店舗で実物を確認できる場合は、動作音まで確認しておくと安心です。

またトリミングが大丈夫な子に対しても、できるだけ落ち着いた環境でカットをしてあげるとリラックスして作業に集中できるため、誤って傷つけてしまうといった事故を防ぐことにもつながります。

選ぶ際の注意点・安かろう悪かろうに注意する

2匹のハスキーの子犬 バリカンを選ぶ際に値段を気にしてしまいがちですが、あまり値段が安すぎるバリカンは元々の切れ味が悪く、仕上がりがガタガタになってしまう可能性があるので、可能な限りしっかりしたものを選ぶと安心です。

インターネットで購入する際には口コミやレビューをよく参考にして購入しましょう。

また、充電式タイプのものは充電時間が短いものほど、トリミングの作業に入りやすく、手軽に行えるようになるため必要な充電時間の表記に留意しましょう。


まとめ

いかがでしたでしょうか。

毛が伸びる犬種を飼っている場合、安全衛生上トリミングが必須となりますが、自宅で簡単にできるようになれば、時間と料金の節約になります。

足裏のバリカンケアも、自宅でできるようになると滑って怪我をする事故も防ぐことができます。

お気に位入りのバリカンを見つけて、愛犬との楽しいドックライフをぜひお過ごしください。

1 2

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP