2017年7月20日

【獣医師監修】犬の膵炎とは?症状、原因、治療法について2/3

監修にご協力いただきました!

小竹正純先生

多摩獣医科病院  院長

2002年麻布大学獣医学部獣医学科卒業

2006年多摩獣医科病院 勤務

2016年多摩獣医科病院 院長就任(現在に至る)

[川崎市獣医師会、日本小動物歯科研究会、再生医療研究会所属]



犬の膵炎は何が原因で起こる?

テーブルのクッキーを食べようとするラブラドールレトリバー

クッシング症候群などの病気

クッシング症候群とは、副腎皮質亢進症という病気で副腎皮質ホルモンが過剰に体内に分泌されることで引き起こる病気です。

代表的な症状は多飲多尿、食欲の増幅、左右対称な脱毛、お腹の膨らみなどになります。

食事をよく食べて、しっかり水分をとるので、飼い主は病気だと気づかないことがあります。

病気が進行すると徐々に元気がなくなり、免疫力の低下によってさまざまな感染症(皮膚炎・膀胱炎)にかかりやすくなり、ホルモンの分泌異常により、後ろ脚だけでなく前足の靭帯にも影響が出ます。

<クッシング症候群になる原因>

・脳下垂体に腫瘍ができる
・副腎皮質にできる腫瘍
・薬物の過剰摂取(皮膚の治療で長期にわたりステロイド剤を飲み続けた場合)
・肥満
・遺伝的要素

高脂肪食品の摂取

ドッグフード以外におやつも与えているという飼い主はたくさんいらっしゃると思います。

犬用のおやつでも美味しくするためにたくさんの脂肪分を使用しています。過剰に摂取してしまうと脂肪分が蓄えられてしまいます。

人の食べ物は味付けも濃くおいしいので、犬も味を覚えてしまうと欲しがるようになり、味気ないドッグフードを食べなくなるといった悪循環に陥ります。

愛犬に見つめられると「パンの耳くらいなら」と与えたくなりますよね。

特に油分の多い食べ物は、油の分解・代謝が苦手な犬の体には致命的です。膵臓に大きな負担をかけてしまいます。

肥満

人と同様、犬にとっても肥満は”百害あって一利なし”です。

肥満は膵炎だけではなく、クッシング症候群や糖尿病、肝臓脂肪など肥満が原因で引き起こされる病気はたくさんあります。肥満にさせないためにも食事管理が重要です。

高血圧

犬の高血圧は人と違い、無症状な性質がある病気であるため診断が難しいといわれています。心不全や腎不全などの病気で血圧があがることもあります。

細菌感染

ゴミ箱をあさるなどして拾い食いをした場合や、ウイルス・寄生虫感染によって引き起こされます。クッシング症候群などの病気により膀胱炎や皮膚炎などの細菌感染に弱くなってしまうので、膵炎の発症率が高いといえるでしょう。

膵臓の損傷(交通事故など)

交通事故や高所からの落下などで膵臓に外部からの損傷を受けた場合、膵炎を発症する可能性があります。

遺伝

ミニチュアシュナウザーは遺伝的に脂肪代謝の異常が多い犬種で、膵炎にかかりやすいといわれています。

好発犬種

・ミニチュアシュナウザー
・トイ・プードル
・コッカー

上記の犬種は遺伝的要素から膵炎の好発犬種といわれています。

遺伝的要素にだけに関わらず、肥満や日常的に高脂肪の食事の過剰摂取によって発症しやすいといえるでしょう。

腹部の外傷(過去の手術)

過去の腹腔内の腫瘍などを取り除く手術によって、内臓(腸)の癒着や、胆管などの詰まり、膵液などの逆流が原因で膵炎が引き起こることもあります。

次に犬の膵炎の診断方法や治療法について細かく説明します。

次ページ:犬の膵炎の診断・治療法

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク




PAGE TOP