2017年12月1日

犬と夜の散歩をする時に気を付けてほしい3つのポイント1/2

犬と夜に散歩することが習慣になっている方は少なくないのではないでしょうか。

「仕事で帰りが遅い」「愛犬が他の犬と仲良くできない」「近所の人に会いたくない」など、夜に散歩をする理由も様々ですが、夜に散歩をするのは昼に散歩をすることとは多くの面で異なります。

今回は犬と夜に散歩するときに気を付けてほしいポイントを3つまとめました。

夜に散歩しなければいけないときには、ここでご説明するポイントをしっかり守るようにしてくださいね。

目立つ格好をさせる

夜に散歩中の犬と飼い主 夜に犬と散歩するときの一番大切なポイントは、犬に目立つ格好をさせるということです。

なぜなら、夜になって辺りが暗くなると犬が視界に入りづらくなるからです。

サイズの小さい小型犬や毛色が黒や茶色の犬ならなおさら見えにくいですよね。

犬の姿が見えないと、あらゆる事故につながります。

向かいから歩いてくる人が犬の存在に気付いていないと、いざすれ違うときに驚かせてしまいます。

最悪の場合は転倒して大怪我してしまうかもしれません。

また、車やバイク、自転車などが犬にぶつかる事故だって大いに起こり得ます。

打ち所が悪ければ死につながってしまう可能性だってありますよね。

そんなことあるわけがないと思うかもしれませんが、実際に起きていることです。

夜に犬と一緒に出歩くときには、犬の姿が誰からもはっきり見えるようにしておくことが絶対条件です。

これだけで、事故が起こるリスクをかなり抑えることができます。

遊んでる2匹の犬 夜に散歩をする飼い主は多いため、最近では夜間事故防止のためのグッズがたくさん販売されています。

おすすめは車の光を反射するリフレクターのついた犬グッズで、これを付ければドライバーから犬の姿がはっきり見えます。

服、首輪、リード、アクセサリーなど多くのバリエーションがあり、おしゃれなデザインのものも豊富に揃っているのが嬉しいですね。

常に光り続けるグッズがいいという人には、犬に装着できるライトがおすすめです。

以前は「重い」「水に濡れて壊れそう」などの理由から敬遠されがちだったライトですが、近年のものは改良されてかなり軽くなりました。

また、防水加工がされているグッズも多いので、雨の日でも安心して使えますよ。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP