2018年1月14日

犬が「捨てられた!?」と勘違いする5つの瞬間1/2

「すぐ戻って来るから、ここでちょっと待っててね」

言葉が通じる小さい子どもでも、お買い物を待つ時間は不安でしょうがなかったりします。

話すことのできない犬の場合、その心細さはなおさらでしょう。

今回は犬が「飼い主に捨てられた」と勘違いする瞬間について解説していきます。

1.初めてのペットホテル

車の中からこちらを見ているチワワ 急な出張や旅行など、ペットホテルに愛犬を預けないといけない状況ってありますよね。

過去に何回も行っていて慣れている犬なら問題ありませんが、ペットホテルが初めての犬の場合は、知らない人に囲まれパニック状態になることも。

一日も経つと「捨てられたのかも……」と勘違いしてもおかしくないですよね。

2.知人に預けた時

預ける相手が飼い主とって顔なじみだったとしても、愛犬が同じように信頼しているかは別問題です。

犬が仲良くしている相手に預けた場合も、飼い主から離れた状態となると話は別です。

最初はご機嫌だったのに「置いて行かれた」と気づいたとたん、飼い主を呼ぶように吠えたり、玄関に座ったまま動かなくなる子もいるそうです。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP