2018年1月11日

犬が親しみやすいと感じる人間の特徴とは1/2

人間も「この人、私と合わないかも」とか「この人、なんか好きじゃないな」と感じてしまう相手がいますよね。

実は犬にも同じような感情があるのです。

雰囲気を察知する能力が人間よりも格段に優れている犬が、一体どんな人に親しみを感じるのかということについて紹介していきたいと思います。

1.笑顔で接してくれる人

屋外で食事する人達とパグ オーストラリアのメッセーリ研究所による実験によって、犬には人間の表情を見分ける力があることが明らかになりました。

しかも、驚くことに「笑っている」「怒っている」という表情の区別がつくだけではく、その表情から人間の感情を読み取り判断できるというのです。

本当に犬は賢い動物だと良く分かりますね。

このことから怒った顔をしている人には悪い印象をもち、反対に笑った顔をしている人に対しては良い印象をもって犬は安心します。

そして「あぁ、この人は無害で大丈夫そう」と認識するのです。

更には、飼い主が笑顔で愛犬を見つめることにより、犬の「幸せ度数」は格段に上がるのだとされています。

普段なにげなく過ごしている犬は、実は人間の表情を良く観察しているのですね。

因みに無表情で慣れない犬を見つめた場合、「こいつは私に敵意があるんだ」と認識され吠えられたり噛まれたりする時もあります。

2.様子を見ながら構ってくれる人

飼い主に抱かれる舌を出した犬 世の中には「犬が大好き!」という方は沢山いますが、皆さんは初めて会った犬にはどのように接しているでしょうか。

犬が可愛いすぎて凄い勢いで「可愛いい~!」など興奮ぎみに、いきなり撫で始めたりしていませんか?

実は、犬からすればその行為は恐怖そのものなのです。

気性の荒い性格の犬であれば、いくら大人しそうに見えようが小型犬であろうが噛みつかれる場合もあります。

そんな犬の気持ちとしては「人は嫌いじゃない。

でも急に来ないで…怖いから」です。

反面、犬が親しみを感じる人の特徴としては「犬から近寄ってくるのを待つ」ということが挙げられます。

挨拶がわりに自分の匂いを犬に覚えてもらい、落ち着いた声で犬に話かけたりすると少しずつ警戒心も解かれ「この人は大丈夫」、そう思ってくれたら犬の方から挨拶のお返しとして近寄って来てくれますよ。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク



PAGE TOP