2018年1月21日

愛犬に頼られる飼い主になるには?1/2

家族の一員である可愛い犬。

毎日を楽しく共にするためには、やはり愛犬との関係は良きものであることが一番です。

犬にとって人間と暮らすとなれば、やはり人間に頼らなくてはならないことがたくさんあります。

愛犬に頼られる飼い主になるにはどうすればいいのでしょうか?

犬にはどんな習性があるのか?

犬に頼られる飼い主になるためには、まずは犬の習性についてよく知らなくてはなりません。

犬は主従関係を大切にする

緑の上を歩くハスキー 犬という動物は本来群れで行動していました。その群れの中では主従関係があり、リーダーが存在します。

よって犬を飼うとなった場合は、飼い主がリーダーにならなくてはなりません。

主従関係を作るためには、以下が大切です。

・犬の要求だけを一方的に受け入れない
・飼い主の言うことを聞かせる

犬はリーダーの後に食事をする

湖のほとりに佇むハスキー 主従関係を大切にする犬にとって、食事の順番はとても大切な意味を持ちます。

群れをなす犬は、一番強いリーダーが先に食事をし、弱いものが最後に食事をとります。

よって、食事の時間はきっちり分けて、飼い主が先に食事、その後に犬が食事と明確にしましょう。

これで犬は飼い主がリーダーであることを認識します。

自分のテリトリーを大事にする

ハスキーと子ども 犬はテリトリーを大事にする動物です。

よって飼い主のテリトリーに迂闊に入れると、主従関係がわかりにくくなります。

特に可愛がりすぎて、一緒の布団やベッドで寝たいと言う人もいますが、飼い主のテリトリーに入ると認識するのでやめましょう。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP