2018年11月30日

北海道にあるペット霊園まとめ4つ

最近では、「ペットは家族の一員」という認識が広く浸透していますよね。

だからこそ、大切なペットを失ってしまったときの寂しさは計り知れません。

ペットロスに陥ってしまう飼い主や家族も多いと思います。

しかし、それほどまでに大切なペットだからこそ愛情を込めてしっかりと供養してあげなければいけません。

ここでは、北海道にあるペット霊園を4つご紹介します。

ぜひ心を込めて供養を行い、旅立つペットを優しく見守ってあげてくださいね。

ペット霊園やすらぎの丘

http://www.satu-petyasuragi.com/

画像引用:ペット霊園やすらぎの丘公式HP


ペット霊園やすらぎの丘の特徴

ペット霊園やすらぎの丘は豊かな緑に囲まれたペット霊園で、札幌西区に広がる美しい街並みを一望できます。

また霊園は寺院境内にあり、現役の住職がすべての飼い主や家族の対応を行います。

葬儀のときには、こちらのペット霊園では火葬の前にお払いと冥福祈願を行います。

その後は合同火葬または個別火葬を行い、大事なペットに別れを告げます。

納骨は納骨堂、個別墓地、合同墓地の中から選ぶことができ、自宅供養をしたい場合はお骨を持ち帰ることもできます。

なお、送迎は札幌市内であれば無料です。札幌市外にお住まいの人は、直接問い合わせることをおすすめします。

■基本情報
住所:北海道札幌市西区小別沢79-1
電話番号:0120-73-3311
公式サイトURL:http://www.satu-petyasuragi.com/



北海道動物霊園

http://www.hd-reien.com/

画像引用:北海道動物霊園公式HP


北海道動物霊園の特徴

北海道動物霊園は、静かな森の中に位置しています。

こちらでは個別火葬および合同火葬を行っており、火葬の前にはお経をいただくことができます。

納骨堂はにぎやかな雰囲気で、それぞれのスペースが個性的に飾り付けられています。

永代埋葬も可能で、38年という長い歴史をもつお墓でほかのたくさんのペットたちと一緒に眠ることができます。

また、北海道動物霊園では各種メモリアルグッズを取り扱っています。

イラスト入りのキュートな骨壺やふんわりとしたお骨覆い、ペットの被毛を納められるパステルカラーカプセルなど様々なグッズがあるので、こちらもぜひチェックしてください。

■基本情報
住所:北海道札幌市豊平区豊平四条3丁目1番12号
電話番号:011-812-5945、0120-128-494
公式サイトURL:http://www.hd-reien.com/



ベルコットペット霊園

http://bellcot.jp/

画像引用:ベルコットペット霊園公式HP


ベルコットペット霊園の特徴

ベルコットペット霊園は新千歳空港から車で10分ほどのところにあるペット霊園で、道内最大級の設備を用意しています。

温かい雰囲気が広がるセレモニーホールで、最後の最後まで大切なペットと素敵なひと時を過ごせます。

火葬には個別火葬と合同火葬があり、個別火葬では家族だけで愛情たっぷりのセレモニーができます。

合同火葬ではほかのペットと一緒に火葬を行うためお骨拾いはできませんが、追加料金にてセレモニーホールにて最後のお別れができます。

納骨は、個別墓所、共同墓所、納骨堂から選べます。

ペットにあった納骨の仕方を選んであげてくださいね。

■基本情報
住所:北海道苫小牧市美沢 434-99
電話番号:0120-0594-12
公式サイトURL:http://bellcot.jp/

藤野ペット霊園緑の杜

http://www.morizoendoboku.co.jp/midorinomori/

画像引用:藤野ペット霊園緑の杜公式HP


藤野ペット霊園緑の杜の特徴

藤野ペット霊園緑の杜は、四面を山に囲まれた緑あふれるところに位置しているペット霊園です。

こちらのペット霊園では合同葬、個別葬、ご家族立会葬を行っており、希望の形でペットを供養してあげることができます。

また、こちらではいろいろな仏具を取り扱っています。

香炉セットやりん、ろうそく、分骨カプセル、御霊座、御霊座セットなどを用意しており、その他にも丁寧に供養するための仏具を多数取り揃えています。

ペットによく似あう仏具を探してみてはいかがでしょうか。

■基本情報
住所:札幌市南区藤野511-7
電話番号:011-593-6525、0120-618-262
公式サイトURL:http://www.morizoendoboku.co.jp/midorinomori/

まとめ

仰向けになる犬 どれだけ長い間一緒に暮らしていても、別れのときは必ず訪れます。

そして、そのときが来たら最高の形で供養をしてあげなければいけません。

ぜひ大切なペットの姿を思い浮かべながら、感謝の気持ちを込めて供養をしてあげてくださいね。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、ペットとの暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


 

合わせて読みたい


Qpet協力ドクターの紹介
カテゴリー一覧

PAGE TOP