2019年1月20日

福島(東北)にあるペット霊園(葬儀、火葬、供養の特徴など)まとめ3選

楽しい時も辛い時もそばに寄り添ってくれた大切な家族の愛犬。

どんなに大切に過ごしていても、必ずいつか別れの時が訪れます。

悲しみにくれて気持ちの整理がつかない中、葬儀や火葬を行う必要がありますが、納得のいく葬儀でお別れができると、心のどこかでホッとできるのも事実です。

最後のセレモニーは、悔いのないように行いたい。

でも、その日が来たらどうすればいいの?そんな不安を抱えている飼い主の方は、ぜひ愛犬が元気なうちから施設を調べたり、できれば見学にいくことをお勧めします。

今回は福島県内でペットの葬儀・火葬・納骨などができる3箇所の施設をご紹介します。

玉川ペット霊園

http://www.tamakawa-pet.com/index.html

画像引用:玉川ペット霊園公式HP


玉川ペット霊園の特徴

福島空港から車で5分、阿武隈川の流れを見下ろす明るい丘の上に自然豊かなペット霊園が、玉川ペット霊園です。

玉川ペット霊園では、合同火葬は行わず、全て一体一体個別火葬してくれます。

またご遺族の心の状態に応じって火葬後のステップを選ぶことができます。

希望があれば、火葬後のお骨を拾うことも可能です。

また、骨あげ後は愛犬のお骨はご自宅に持ち帰ることも、そのまま納骨堂にお納めすることもでき、屋外の墓地も完備してあります。

お骨を玉川ペット霊園に納めた家族は毎年大々的に行われる合同慰霊祭に参加することも可能です。

こちらの施設はペットホテルも併設しています。

そのため葬儀場というよりも、緑とお花にあふれた明るい雰囲気が魅力です。

愛犬が元気な頃から見学に行ってみるのもおすすめです。

アクセス 福島県石川郡玉川村大字中字後作田33-13
営業時間 9:00 – 18:00 (葬儀予約の電話は24時間受付)
電話番号 0120-37-9446
設備 納骨堂・火葬場・ペットホテル
ホームページ http://www.tamakawa-pet.com/index.html

メモリアル・ペットパーク

http://www.ale.ne.jp/~memorial-petpark/index.html

画像引用:メモリアル・ペットパーク公式HP


福島県郡山市、郡山警察署より車で8分の場所にある、メモリアル・ペットパークは、ペット供養、火葬、墓地への納骨まで手厚く取り行ってくれるペット霊園です。

小型の犬から、30kgを超えた超大型犬なども対応してもらうことができます。

火葬料金も、愛犬の重さに応じてわかる明確な会計なので安心です。火葬が終わった後は、納骨堂に納骨することも、合同墓地に骨を収めることもできます。

また、メモリアル・ペットパークは、大・小2種類の天然芝によるドッグランを併設した明るい雰囲気が特徴です。

自然の中でのびのびと走り回ることができるので愛犬も大喜び。

愛犬が元気なうちに、ドッグランで遊ばせがてら見学に行くことができるのもメモリアル・ペットパークの魅力です。

アクセス 福島県郡山市田村町小川字戸ノ内216-1
電話番号 024-965-1870
設備 納骨堂・火葬場・墓地・ドッグラン
ホームページ http://www.ale.ne.jp/~memorial-petpark/index.html


うねめの杜

http://unemenomori.com/

画像引用:うねめの杜公式HP


うねめの杜の特徴

うねめの杜は、福島県郡山市で、葬儀・火葬・供養の全てができる総合ペット霊園です。

電話で受付を済ませたのち、希望であれば職員さんが自宅まで遺体を引き取りに来てくれます。

その後、合同火葬・個別火葬・家族立会火葬の中から飼い主さんの心情に合わせたプランを選ぶことができ、お骨は連れて帰ることもそのまま納骨することも可能です。

うねめの杜では、家族のご希望に合わせて個別法要を行うことも、毎月第一日曜日の月例供養に参加することもできます。

火葬料金は、愛犬の体重による明確料金で安心しておまかせすることができます。

アクセス 福島県郡山市待池台一丁目55番1
電話番号 0120-205-503
設備 納骨堂・火葬場
ホームページ http://unemenomori.com/

まとめ

砂浜を走るコリー どんなに心の準備をしていても、愛犬が旅立つというのは悲しいものです。

愛犬とのお別れの仕方は人それぞれ。

火葬の時の飼い主さんの気持ちも、骨を拾いたいという方もいれば、まだ骨になるのを見られないという場合まで様々です。

葬儀会社を選ぶ時にはこちらに寄り添って、親身になってくれるかどうか、納骨する場合は、愛犬を任せても大丈夫かどうかを確認することをお勧めします。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
ペットの病気やしつけ、ペットとの暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP