2018年1月31日

犬が飼い主にやめてほしいと思う4つのこと1/2

人間の場合だと、嫌なことは嫌だ!と言うことができます。

しかし、犬の場合は嫌だと思っていても、それをなかなか分かりやすく表現することができません。

そのため、飼い主がしている行動などに犬がとても不快感を感じている可能性があります。

今回は、実は犬が嫌がっているかもしれない飼い主の行動についてご説明致します。

1.あまりにも構ってあげない

パソコンをする女性と犬 犬は、とても寂しがりやです。

たとえ仕事が忙しくて、帰ってくるのが遅くなったとしても、少しでも時間を作り犬と遊んであげたりしないと、犬は孤独感を感じてしまいます。

孤独感を感じると、犬は愛されていないと感じて、健康的に悪い状態になることがあります。

出来るだけ、仕事が遅くなってもかまってあげるようにしましょう。

2.睡眠を妨害する

熟睡する犬 犬は、人間と同様にたっぷりと睡眠することが大切です。

人間だと、睡眠をとっている時にいきなり起こされたりしたら、いら立つこともありますよね。

犬も同じで、睡眠を妨害されるのをあまり好みません。

犬にとって睡眠というのは、大切なものですので、犬の睡眠を妨害したりすると体に不調がでることに繋がります。

自分が犬と触れ合いたいからという理由で、犬が寝ている時に邪魔をするというのは避けましょう。

もしも、起こさないといけないという場合は、そっと優しく起こしてあげるようにしましょう。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP