2018年4月15日

【フラッティ】フラットコーテッド・レトリーバーの魅力から歴史まで1/2

フラットコーテッド・レトリーバーはイングランド原産の犬種です。

レトリーバーというとゴールデンやラブラドールが人気ですが、フラットコーテッド・レトリーバーはこれらの犬種に負けない魅力を持っています。

そんなフラットコーテッド・レトリーバーについてご紹介します。

フラットコーテッド・レトリーバーの歴史

落ち葉の中のフラットコーテッド・レトリーバー 「フラッティ」の愛称で知られるフラットコーテッド・レトリーバーはイングランド原産の犬種です。

レトリーバーというとゴールデンやラブラドールが有名ですが、フラットコーテッド・レトリーバーはこれらの犬種よりも早い1850年代に初めてドックショーに出展されました。

しかし、この頃のフラットコーテッド・レトリーバーはウェービーコーテッド・レトリーバーやカーリーコーテッド・レトリーバーとはっきりと区別がなされていませんでした。

これらの犬種が明確に区別されて本格的な繁殖が始まったのは、1874年のことでした。

優雅な見た目と能力の高さから、フラットコーテッド・レトリーバーはあっという間に人気犬種となりました。

ところが、現在でも人気の大型犬の筆頭であるゴールデンやラブラドールが台頭してきてからは、フラットコーテッド・レトリーバーの人気は下降の一途を辿ります。

さらに第二次世界大戦のときには頭数が大幅に減少し、フラットコーテッド・レトリーバーは絶滅の危機に見舞われました。

しかし愛好家たちの努力によってその危機を脱することができ、現在は安定した人気を誇っています。

フラットコーテッド・レトリーバーの特徴

芝生の上でフラットコーテッド・レトリーバーが横を向いている様子 体高60㎝前後、体重32㎏前後で大型犬に分類され、筋肉質な身体をしています。

毛色はブラックのイメージですが、茶色も認められています。

ラブラドールなどに比べて腰幅や肩幅のないフラットコーテッド・レトリーバーが、長い毛をなびかせながら歩く姿はとても優雅で、高貴な雰囲気が漂います。

細身であることから素早い動きを得意とし、また泳ぐのも大好きです。

フラットコーテッド・レトリーバーの性格

二匹のフラットコーテッド・レトリーバーが木の棒をくわえている様子 性格は明るく楽天的で、家族だけでなく誰に対してもフレンドリーに接します。

遊ぶのが大好きで運動能力も高いので、ドッグスポーツなども一緒に楽しむことができます。

飼い主に対して忠実で指示をしっかり守るため、しつけはそれほど難しくはありません。

ただし、陽気な性格から興奮しすぎてしまうことがあります。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP