2018年4月15日

【エジプトの王】ファラオ・ハウンドの魅力と歴史1/2

ファラオ・ハウンドは、数千年に及ぶ歴史をもつ原始犬の一つだと言われていました。

引き締まった身体が特徴的で、美しいプロポーションをしているファラオ・ハウンドの歴史や特徴、飼うときのポイントなどについてご紹介します。

ファラオ・ハウンドの歴史

ファラオ・ハウンド ファラオ・ハウンドは古代エジプト原産の犬種で、フェニキア人によって地中海に浮かぶマルタ島に持ち込まれました。

その祖先犬は、古代サイトハウンドのチズムだといわれていました。

マルタ島という大陸から隔離された地域で発展を遂げたファラオ・ハウンドは、ほかの犬種と交雑することなく純血を保ってきました。

そんなファラオ・ハウンドがイギリスに輸出されたのは、1960年代のことです。

マルタ島ではウサギ猟犬として使われていたため「ケルタ・デル・フェネック(現地語でウサギ猟犬の意味)」と呼ばれていましたが、イギリスに渡ったこのときからファラオ・ハウンドと呼ばれるようになりました。

ファラオ・ハウンドと名付けられたこの犬種は、世界中で一気に人気を伸ばし、マルタ島の知名度向上にも大きく貢献したことによってマルタ島で国犬として指定されました。

しかし、最近の研究結果によるとファラオ・ハウンドの歴史がそれほど長くないことが判明しました。

ファラオ・ハウンドの特徴

芝生の上のファラオ・ハウンド 体高約58㎝、体重約23㎏で大型犬に分類され、引き締まった筋肉質な身体をしています。

抜群のプロポーションと琥珀色の美しいは高貴さを醸し出しており、ファラオ・ハウンドの名にぴったりだといえます。

また、ろうそくのような形をした耳も特徴的です。

性格は温和で愛情深く、家族を大切にしてくれます。

ただし、猟犬としての本能が備わっているため小動物を見ると追いかけ始めることがあります。

また個体によっては見知らぬ人に対して警戒心をあらわにするので、子犬のうちからいろいろな環境に慣れさせるようにしましょう。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク




PAGE TOP