2018年4月19日

【密猟者対策で活躍】ブルマスティフの魅力について1/2

ブルマスティフは、ブルドッグのような顔つきと筋肉質で力強い身体が特徴的な犬種です。

一見怖そうに思えますが、実は穏やかで優しい性格をしているブルマスティフについてご紹介します。

ブルマスティフの歴史

ブルマスティフが伏せている様子 19世紀の後半、イギリスの猟園では密猟者を捕らえるための番犬としてマスティフが飼われていました。

勇敢なマスティフは番犬として優秀でしたが、密猟者を攻撃して傷つけてしまうところが難点でした。

そこで、密猟者を傷つけずに捕えることができる犬種の作出が試みられました。

そうして生まれたのがブルマスティフです。

ブルマスティフは、マスティフとブルドッグを交配させることにより作出されました。

イギリスではマスティフとブルドッグが1:1の割合で混血されているのを理想としますが、アメリカではマスティフ60%、ブルドッグ40%の混血が好まれるそうです。

この犬種の作出は簡単ではなく、完成までに100年を要したといわれています。

その後戦争がはじまると、ブルマスティフは軍用犬として活躍し、戦後は警察犬や軍隊の警備犬として人間に使役しています。

かつては番犬としての性質から気が荒かったブルマスティフですが、近年は性格の落ち着いた個体が増加傾向にあるようです。

ブルマスティフの特徴

ブルマスティフが落ち葉の上で立っている様子 ブルマスティフは体高65㎝前後、体重50㎏前後で大型犬に分類され、がっしりとした体つきをしています。

作出にブルドッグが用いられたことからブルドッグとよく似たユニークな顔をしており、顔のシワが特徴的です。

強面な外観をしているため、ブルマスティフという犬種を知らないと恐怖心を抱いてしまうかもしれません。

被毛は短毛で、オーバーコートとアンダーコートから成るダブルコートです。

毛色はフォーンやブリンドルなどがあります。だらっと垂れた耳と太い尻尾もブルマスティフの特徴です。

性格は見た目とはギャップがあり、穏やかで落ち着きがあります。興奮することは少なく、忍耐強さも兼ね備えています。

家族に対して愛情深く甘えん坊な一面もあり、愛すべき家庭犬になる素質を持っているといえるでしょう。

また番犬として作出されただけあり高い防衛本能を持っています。

おっとりしていながらも勇敢な性格で、不審者に対しては勇ましく立ち向かってくれるので頼りになる番犬が欲しいという人にもおすすめです。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP