2017年6月26日

【専門家監修】犬の留守番は長くても良い?しつけのポイントとは1/4

監修にご協力いただきました!

中井真澄先生

Waggy Smile  代表

1964年生まれ。中央大学卒業後、中学校教諭として4年間従事。

 

1996年に日本訓練士養成学校に入学。JKC公認訓練士及び日本警察犬協会公認訓練士の資格を修得。訓練所勤務を経て、都内動物病院内で、ドッグスクールの専属トレーナーとして勤務。

 

2011年6月から半年間、Londonでの語学留学を終えて帰国。帰国後『Waggy Smile』を立ち上げる。

犬はもともと群れで暮らしていた生き物です。だからこそ、人間社会に適応するペットとして人気が高いのですが、一方で「留守番が苦手」という特性も持っています。

実際に「家に愛犬がいるから」と外出をためらう飼い主の方もいらっしゃるはずです。

しかし、そのような関係性は飼い主にとって負担が大きいばかりか、犬のためにもなりません。

社会化期に適切なトレーニングを積んでおけば、留守番が苦手な犬でもおりこうに留守番できるようになります。

子犬に教えるポイントをご紹介しますので、各項目をぜひ参考になさってください。

留守番のしつけは「犬の社会化」訓練のひとつ

床に伏せて飼い主を見上げているジャックラッセルテリアの子犬 飼い始めたばかりの子犬は特に“孤独”を嫌がるはずです。「かわいそうで一人にしておけない」となるべく一緒に過ごそうとするケースもあるでしょう。

それもまた飼い主心理の一種ですが、子犬だからこそ馴致しやすいということをよく認識していただきたいと思います。「馴致」とは、次第に慣れさせること、なじませることです。

犬の生後 3 週齢から 14 週齢あたりまでの時期は、社会性を育む「社会化期」と言います。しつけに最も適した期間ですから、お迎えした子犬のタイミングを逃さず訓練を始めることをおすすめします。

愛犬の留守番トレーニングがうまく行けば、以下のような「いいこと」があります。

子犬に留守番のしつけをするメリット

・飼い主の都合(入院など)に大きく制限がかからない
・留守番に抱く不安が軽減される
・隣人とのトラブルが回避できる
など

飼い犬がいる方であっても、家を離れなければならない理由は必ず発生するものです。犬が留守番できないままでは、誰かに預けるというわけにもいきません。

最初は飼い主もつらいと感じるでしょう。ですが、犬と人とが共生するために踏まなければならないステップのひとつでもあります。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい


Qpet協力ドクターの紹介
カテゴリー一覧

PAGE TOP