2018年3月13日

猫は犬より早起き?飼い主を起こす理由は〇〇だった!1/2

犬にも朝が早い個体がいますが、猫は大抵の場合朝が早いです。

犬は比較的シンプルな性格なので、長年飼っている愛犬の場合はなぜ飼い主を起こすのか理解できるでしょう。

しかし、猫は気まぐれな性格ゆえに、なぜ飼い主を起こすのか理解に苦しむこともあるかと思います。

今回は、犬と比較しながら、猫がなぜ早起きなのか解説していきます。

犬と猫の朝の行動の違い

寄り添う犬と猫 基本的に犬は人に合わせた生活リズムを形成します。

飼い主が早起きなら一緒になって起きますし、逆に早起きではない飼い主の場合、犬が早く起きることは滅多にありません。

それは、飼い主が群れのリーダーだからです。

犬はリーダーに服従する動物です。

中には、お腹が空いたり、散歩に行きたい、遊びたいと思い飼い主を起こす愛犬もいるようですが、そこまでしつこいことはありません。

しかし猫の場合、犬のように単純ではありません。

猫を飼っている方なら、わかると思いますが耳元で鳴いたり、全力で乗ったりしてきます。

ザラザラの舌で延々と舐めたり、猫パンチをしたりと少々手荒な行動をすることもあります。

猫によって朝の行動は様々ですが、一つ言えるのはその行動が『可愛い』ということです。



早起きの猫が多い理由

段ボールから顔を出す猫 猫が早起きなのは、実は習性が原因です。

薄暮行動性と言って、夜明けや夕方といった薄暗い時間帯に活発になるという習性が猫にはあります。

薄暗い時間は狩りに適しているので、昔の猫は活発に動けるように進化したのでしょう。

その名残が今の猫にも色濃く残っているというわけです。

活発に動くということは、トイレをしたくなる、お腹が空くといった状態になります。

合わせて読みたい記事はコチラ!

犬と猫の『肉球』の違いをリサーチ!それぞれの特徴や役割は?


【そんニャばかな!】犬は猫の5倍の愛情表現があるってホント?


次ページ:猫が飼い主を起こす理由は?

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、ペットとの暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


 

合わせて読みたい

PAGE TOP