2017年12月26日

あると便利!犬用リュック型キャリーのメリットと選び方のコツ教えます1/2

小型犬や中型犬を安全に運びたいときに重宝するのが、犬用リュック型キャリーです。

定番の手に持つタイプのキャリーにはない利点もあり、近年注目を浴びています。

犬用リュック型キャリーのメリットやデメリット、選び方のコツなどをご紹介します。

犬用リュック型キャリーのメリット・デメリット

マウンテンバイクに乗った飼い主のリュックに犬が乗っている様子 ここでは犬用リュック型キャリーのメリットとデメリットをご紹介します。

それぞれを比較したうえで、犬用リュック型キャリーが必要かどうか考えてみてください。

犬用リュック型キャリーのメリット

犬を運ぶときにリュック型キャリーを使うと、重さが軽減されます。

小型犬や中型犬でもそれなりに重さがあるため手に持つタイプのキャリーだと飼い主に大きな負荷がかかりますが、背負うのであればその心配はありません。

力のない人でも比較的簡単に犬を運ぶことができるようになります。

また、両手が自由になるのも大きなメリットです。携帯電話を使用するときなどもキャリーが邪魔になりません。

他にも、地震などの大きな災害が起きたときにリュック型キャリーは重宝します。愛犬をリュックに入れて、迅速に避難することができます。

手が塞がらないリュック型キャリーはいろいろな場面で活用できます。

犬用リュック型キャリーのデメリット

デメリットとしては、後ろに背負っているため愛犬の様子が確認できないことや、他にも多くの荷物がある場合にリュックの使用が難しくなることなどが挙げられます。

何かの拍子にリュック型キャリーから飛び出してしまうと重大な事故につながる恐れもあるので、十分に注意する必要があります。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP