2017年12月22日

愛犬が飼い主を無視する時の対処方は?行動と原因を解説1/2

大きな声で呼んでいるのに何故か愛犬に無視された、という経験はありませんか?犬の無視にも理由があります。

はたしてその理由とは一体何なのか…今回は、愛犬が飼い主の呼びかけを無視する理由についてお話していきたいと思います。

愛犬が無視する理由1:他の何かに集中している

庭の土を掘り起こしているコーギー 遊びや何かに夢中になっていて無視する(夢中で聞こえてない)状態は、子犬に多く見られます。

その場合は、気が済めばちゃんと飼い主の声に反応し寄ってくる場合が多々あります。

あまりに興奮が続くようであればコントロールも必要ですが、短時間で済むなら見守ってあげるといいでしょう。

愛犬なりのストレス発散法だったりすることもあります。

愛犬が無視する理由2:上手く聞き取れていない

これは単純に飼い主の声や呼びかけ方に問題があり、聞き取れてない状態です。

実は犬には聞き取りやすい音、聞き取りづらい音というものがあります。

犬の聴覚は母音である『アイウエオ』の聞き取りは得意で、子音である『カ行・サ行・タ行など』は聞き取りが苦手です。

名前や呼びかけるワードなどによっては、発音のせいで伝わっていないかもしれないので、犬が気づいた時の発音を意識して覚えておくようにしましょう。


愛犬が無視する理由3:老化による聴力低下

年をとったチワワの横顔
人間と同様に、犬も老化によって聴力は低下します。

いわゆるシニア犬といわれる対象は大型犬の場合は7歳以上、中型犬の場合は8歳以上、小型犬の場合は9歳以上となります。

毎日を共に過ごしていると、愛犬の変化に気づきにくいものですが、飼い主さんが思うよりも愛犬の老化が進んでいるのかもしれません。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP