2018年1月23日

犬を飼う前と飼った後の生活の変化7つ1/2

犬を迎えるかどうか迷っている方はたくさんいらっしゃると思います。

迷う理由の一つとして「生活がガラリとかわるのでは?」という不安がありますよね。

今回は、犬を飼う前と飼った後の“変化”の具体例をいくつかご紹介させて頂きます。

掃除の頻度が多くなる

濡れた身体を震わしているコーギー 犬種によりますが、犬の抜け毛はいつの間にか増えています。

もともと綺麗好きの方はもちろん、そうでない人も自然と掃除の頻度は多くなります。

カーペットや衣服の手入れに使うコロコロは特に手放せないアイテムとなるでしょう。

気がつけばコロコロのストック買いをするようになる、というのも飼い主あるあるのひとつです。

外出中も愛犬が気になってしまう

犬を飼い始めてから、以前ほど外出か楽しく感じなくなった、という方も多くいます。

それは自宅で留守番をしている愛犬が気になって、買い物や友達との食事に集中できない……そんな心境になることも考えられます。

犬連れで遠出も難しいので、旅行の話題も少なくなります。

逆に言えば「家に帰る楽しみが大きい」という嬉しい悩みでもありますね。


食事中はリラックスできない

机の上のマカロンを見つめているウェストハイランドホワイトテリア 飼い主の食事中は大人しくしている、という子はもちろんいます。

それでもやっぱり“食べ物”が気になってしょうがない犬が多いことも事実です。

普段から一緒に過ごしている飼い主さんが口にしているから、なおさら「それ、なに?」と気になるのでしょう。

ふと席をはずした間にテーブルへ乗っていた、飼い主のお菓子を横取りして逃亡、なんてエピソードもよく聞きますよね。

食事中は愛犬からのアツイ視線に耐え、そしてこちらも愛犬から目を離せない緊張感ある時間です。

着替えるタイミングが変わる

屋内で犬を飼っている方の多くは、出掛けるギリギリに着替えをするという声が非常に多いのも特徴です。

なぜなら、早めに着替えてしまうと衣服に犬の毛がどんどんついてしまうからです。

着替えの置き場所にも気を遣うようになります。

よそ行き用の服が、いざ着ようとした時に毛だらけだった……なんていう事になりますから、着替えの際は工夫とコロコロがたくさん必要です。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP