2018年1月19日

愛犬に感謝を伝えるための4つの方法1/2

大切な愛犬からは、癒しや元気など、多くのものを貰っているものです。

しかし、常に感謝の気持ちはあっても、それを伝えるとなれば、「どんな方法で伝えればよいのか?」と戸惑ってしまうこともあります。

そこで、愛犬に感謝を伝えるときの、おすすめの方法を紹介しましょう。

話しかけてみよう

海で遊ぶ犬と飼い主 人間と犬のコミュニケーションについて考えるとき、話しかけるというのは、一見すると不適切な方法のように思えます。

犬は話すことができないので、人間と同じように話しかけたとしても、「何も伝わっていないのでは?」という不安を感じることもあるでしょう。

しかし、その心配は不要です。

話しかけることは、犬とコミュニケーションをとる上で、とても大切なポイントのひとつなのです。

確かに、話しかけても言葉の意味が伝わるわけではありませんが、その代わり、犬は感情を読み取っています。

例えば、「いつもありがとう」と話しかけた場合、その言葉に込められた感謝の気持ちは、犬に伝わっているわけです。

そのため、愛犬に感謝を伝えるなら、その気持ちを込めて、笑顔で話しかけてみましょう。

言葉に込められた愛情は、しっかり届くはずです。

食事で伝えよう

ドッグフードを食べる犬 愛犬に感謝を伝えるなら、普段の食事を少し豪華にしてみるのもおすすめです。

例えば、いつもの食事がドライフードであれば、ニオイが強めのレトルトフードに変えてみましょう。

それだけでも、普段とは違う美味しそうな香りを嗅いで、とても喜んでくれるものです。

市販されたものではなく、手作りの食事にしてみるのもよいでしょう。

また、いつもの食事にトッピングを加えるという方法もあります。

特別に凝ったものでなくても、野菜などを添えて、少し変化を加えることで、魅力的なご褒美になるのです。

こうした食事による方法は、喜んでいる様子がはっきりとわかるのもメリットになります。

喜んで食べてくれれば、感謝を伝えた側も、温かい気持ちになるものです。

留守番など、何か仕事をしてくれたときには、普段と違う特別な食事で感謝を表してみましょう。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP