2018年10月10日

【福井(北陸)】のペット霊園まとめ3選

家族の一員として長い時間を一緒に過ごした愛犬。

「ずっと一緒にいようね」と毎日思っていても、犬の人生は人間よりもはるかに短く、必ず別れの時が訪れます。

精一杯愛した愛犬とのお別れは気持ちの整理がなかなかつかないと思いますが、心のこもった葬儀でありがとうの気持ちを伝えたいものです。

今回は、福井県内で、ペットの葬儀ができるペット霊園3社をご紹介していきます。

ペット愛葬社 福井動物霊苑

https://petaisousya.co.jp

画像引用:ペット愛葬社 福井動物霊苑公式HP


福井動物霊苑は、福井県・石川県内で6ヶ所の火葬場と動物霊園6ヶ所を運営するペット愛葬社によるペット霊園です。

昭和53年創業のペット霊園の老舗なので安心しておまかせすることができます。

大切な家族である動物に不幸があった場合にいつでも連絡が取れるよう、24時間・365日電話を受け付けています。

電話受付次第、葬儀担当社が棺とお花を持ってご自宅へきてくれるので、ご高齢のかたや、お車がない方でも安心です。

もちろん、電話受付後に愛犬と直接向かうことも可能です。

小型犬からグレートデン・セントバーナードなどの特大犬まで全ての犬種の火葬が可能です。

火葬が終わったら、お家にお骨を連れて帰ることも、そのまま併設されている納骨堂に納骨することも可能です。

納骨堂を利用する場合、毎月第一日曜日に行われる合同法要で供養して頂けます。

アクセス 福井県福井市堂島町110
入堂時間 8:30 – 17:00
管理事務所 8:30 – 16:30
電話番号 0776-54-5073(24時間相談受付)
設備 納骨堂・火葬場
ホームページ:https://petaisousya.co.jp



ペットメモリアル ラブ

http://www.2487.jp

画像引用:ペットメモリアル ラブ公式HP


福井市大町のペット霊園「ペットメモリアルラブ」は「最後まで家族同様に見送りたい」というあなたの想いを親身になって叶えてくれるペット霊園です。

愛犬とのお別れが来た時は、24時間365日、無休で電話受付をしてくれます。

ペット葬儀から、旅支度も愛情を持って行ってくれます。

ペットメモリアルラブでは、大型犬まで対応できる湯灌の設備があるので、旅立つ愛犬を最後のお風呂に入れてくれ、きれいな状態で納棺してくれるのが特徴です。

まさに、家族同様のお見送りができます。

ホームページには、まだ心の整理がつかない飼い主さんの心の声を呟ける掲示板が設置されており、ひとつひとつの声に丁寧に対応している様子が愛情を持って葬儀をしてくれそうで安心です。

アクセス 福井県福井市大町13-108
入堂時間 8:30 – 18:00 土日は17:00まで
管理事務所 8:30 – 17:00
電話番号 FreeDial.0120-77-2487(24時間相談受付) 0776-33-2487
設備 納骨堂・火葬場
ホームページ:http://www.2487.jp



どうぶつセレモニーおおぞら

http://www.oozora.net/

画像引用:どうぶつセレモニーおおぞら公式HP


「どうぶつセレモニーおおぞら」は福井市と鯖江市の境界沿い、自衛隊駐屯所の近くに位置するペット霊園です。

どうぶつセレモニーおおぞらの最大の特徴は、動物愛護の精神を持って、最後まで愛犬のことを第一に人間と同様に考えてくれるところです。

福井県の動物愛護団体とも繋がりがあり、日々動物愛護の精神で寄付やセミナー活動などをされています。

地域密着型でありながら、本当に動物のことを考える姿勢はたくさんのメディアでも紹介されています。

また、愛犬の重さで金額がわかる明確な料金で安心。50kgの大型犬まで対応してくれます。

葬儀・火葬の後には希望次第で納骨することもでき、地域の愛犬家の交流の場所にもなっています。

アクセス 福井県鯖江市三尾野出作町8-1-1
電話番号 0778-51-0049
     0120-530-049(7:00 – 20:00)
設備 納骨堂・火葬場
ホームページ:http://www.oozora.net/

まとめ

突然に訪れる愛犬とのお別れの時。

せめて安らかに送れるように、最後の葬儀がいつか思い出となって懐かしく思い出すことができるようにしたいものです。

覚悟していても、別れの時の辛さは想像を絶します。

愛犬が元気なうちから、葬儀の時にどこに頼むか、シミュレーションをしておくのも、飼い主の大切な役目です。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、ペットとの暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


 

合わせて読みたい

PAGE TOP