2018年1月10日

犬に嫌われる人の特徴まとめ1/2

同じように接しているはずなのに、なぜか犬に嫌われる人っていますよね。

なぜ犬に嫌われるのか、不思議に思ったことがある人もいるのではないでしょうか?なにもしていなくても吠えられたりした経験がある人もいると思います。

そんな「犬に嫌われやすい人」にはいくつかの共通点があるのです。

そこで今回は、なぜ「犬に嫌われやすいのか?」その理由や共通点を紹介していきたいと思います!

犬に嫌われる人の特徴①いきなり体を触ろうとしてくる

体を触られるゴールデン 犬は、初対面なのにいきなり体を触ろうとしてくる人に対して警戒心を抱きます。

かわいいからといっていきなり触るのはやめましょう。

フレンドリーな犬もいますが、飼い主以外の人からいきなり触られるのを怖がる犬もいます。

除々に様子を見ながら触ると犬もだんだん警戒心をといてくれるでしょう。

犬に近づくときは真正面ではなく、横に寄り添う感じにすると犬もリラックスしやすいです。

犬に嫌われる人の特徴②上から触る、見下ろしてくる

ソファに小さくなるチワワ 犬の体を上から触ろうとしたり、見下ろしたりするのもNGです。

警戒心の強い犬の場合、上から触ろうとすると手をかまれてしまうことにもなりかねません。

特に、威圧感を感じさせる人は間違いなく犬に嫌われてしまうでしょう。

犬によく吠えられる人は、上から犬を見下ろしている場合が多いです。

犬を見るときはなるべく同じ目線にすると犬も親近感を感じてくれるはずです。

また、上から手が伸びてくることも犬にとってはとても不快なことなので、犬を触るときはあごの下をなでるようにすると喜んでもらえますよ。


犬に嫌われる人の特徴③じっと見つめてくる人

こちらを見つめる犬 犬にとって相手をじっと見つめることは、相手に対する敵意のあらわれだといわれています。

まさにケンカを売られているようなものと言っても良いでしょう。

じっと見つめられていることは、犬に圧迫感や威圧感を感じさせることにもなり、良くありません。

したがって、犬と接する場合は、じっと見つめないようにしましょう。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク




Qpet協力ドクターの紹介
カテゴリー一覧

PAGE TOP