2018年1月27日

愛情不足による犬の4つのストレス行動1/2

犬も人間同様にストレスを感じる事があります。

ストレスが溜まると様々なストレス行動を見せるようになり、原因の一つとして「飼い主の愛情不足」が挙げられます。

今回は4つのストレス行動について解説していきます。

1.室内を荒らすなどの破壊行動

部屋の中でこちらを見るポメラニアン 外出していて帰宅すると、ごみ箱やソファー、絨毯やクッションが酷く荒らされて愕然とした経験はありませんか?

実はそれも寂しさからくる犬のストレス行動なのです。

例えば、本当は飼い主に遊んでほしかったのに、長い時間ひとりぼっちにされたという場合などです。

毎日のように飼い主の愛情をたっぷり受けている犬の場合は、安定した精神状態にありますから、留守番中に破壊行動を取らない事が多く、寝ているか静かに飼い主の帰りを待っています。

犬の睡眠時間は13~15時間とも言われてますから精神的に安定している犬は、ひとりぼっちで暇な時は寝ている事が多いです。

2.無駄吠えをする

吠えるダックス よく見られる行動として無駄吠えがあります。

例えば、犬と一緒に遊んでいた飼い主が疲れてしまい遊びを止めた後、飼い主の姿が見えなくなって犬が吠えはじめたり、吠えるから姿を見せると吠えるのを一旦やめたが、又姿が見えなくなると今度はずっと吠え続けているなどという状態も実はストレス行動の一つです。

犬の運動能力は高いので、一緒に遊んでいれば人間が先に疲れて遊びを止めてしまう場合が多く、犬からすれば「え、なんでやめるの?」と物足りなさを感じたり、飼い主の姿が見えなくなることで寂しく不安になり吠えているという事もあります。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP