2018年2月5日

犬の尻尾の役割とは?1/2

犬が尻尾を大きく揺らしながら走っていると可愛いですよね。

飼い主は尻尾の動きを見ただけで「楽しそうだ」とか「今日は元気がないな」などが大体分かります。

今回は、犬の尻尾の秘密について解説していきたいと思います。

犬の尻尾の役割

緑の上のゴールデン 犬の尻尾はいくつかの役割を持っています。

①コミュニケーションに使用

犬は喋れない分様々な行動でコミュニケーションを取ってきます。

耳が動いたり顔の表情が変わったりします。

その中でも一番分かりやすいのは尻尾です。

犬の尻尾は色んなシチュエーションで振り方が変わってます。

嬉しい時、寂しい時、怒ってる時、甘えてる時で全て違うのです。

こちらは、後述にて解説します。

②方向転換を助けている

砂浜を走るチワワ 小型犬や中型犬を抱っこしたり、泳がせようとすると尻尾が奇妙な動きをするのを見た事はありませんか?

あれは、バランスを取ろうとしているのです。

フリスビーを投げて追いかけている犬が、尻尾をフリフリさせてるのも平衡感覚をとるためなのです。

③呼吸器を保護するため

冬などの寒い時期になると、犬が丸くなって寝てるのを見た事ありませんか?

理由の一つとして、丸くなる事によって体温を上げるのと同時に、尻尾を鼻の上に置くことが挙げられます。

鼻から冷気が入らないように保護しているのです。

尻尾の種類

様々な犬種がいれば、それだけ様々な尻尾の種類があります。代表的なものをいくつか紹介します。

①垂れ尾

お尻の下にダランと垂れている尻尾です。

一番よく見られるタイプの尻尾です。

②スクリューテイル

水辺のパグ クルクルと螺旋状に巻いている尻尾です。

パグやブルドッグなどが代表です。

③飾り尾

尻尾がフサフサの毛で覆われている尻尾です。

ゴールデンレトリバーなどがこの尻尾ですね。

④ボブテイル

尻尾がない、もしくは特に短いものを指します。ウェルシュコーギーやオーストラリアンシェパードがこれにあたります。

⑤巻き尾

後ろを振り返る柴犬 尻尾が体の上でくるんと巻いてる状態の尻尾です。

柴犬などの日本犬が有名です。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク




PAGE TOP