2018年5月5日

【じっ…】犬が飼い主をじっと見つめてくる時の理由1/2

愛犬がじっと見つめてくる時があるのではないでしょうか。

じっと見つめられると、何かを訴えているのではないかと気になることでしょう。

実際に、意思表示である事が多い『じっと見つめてくる』時の理由についてご紹介します。

信頼

犬がぼーっとした表情で飼い主を見つめている様子 穏やかな目で犬が飼い主をじっと見つめてくる時は、飼い主に対する犬の信頼を表しています。

犬が犬に対してじっと見つめる行動は、敵意を表している、威嚇をしている場合が多くなります。

しかし、相手が飼い主の場合は、愛情を持っている相手なので、敵意や威嚇を示しているのではなく、リラックスして見つめていると考えられます。

飼い主を信頼していて安心感があるからこそ、じっと見つめていると言えます。

飼い主と犬が見つめ合うと、どちらにも安心ホルモンであるオキシトシンが分泌されるという研究結果もあります。

その為、穏やかな表情や目で犬がじっと見つめてきた時は、飼い主も犬を見つめてあげると双方に安心感が得られる場合があります。

観察

犬が観察するように飼い主を見ている様子 単純な理由として、飼い主の表情や行動を観察するために、じっと見つめてくる時もあります。

犬は頭の良い動物なので、表情から飼い主の感情を読み取ろうとする、行動から飼い主が何をしようとするか考える事があります。

飼い主を観察することで、外に出かけようとしている、散歩に連れて行ってくれるなど、次の行動を予測しています。

散歩に連れて行く時は、準備などの決まった行動をするので、準備の段階を観察しているだけで犬には散歩に行くことが分かります。

じっと見つめた後に、犬が玄関で嬉しそうにして待っていれば散歩に行くことが分かっていたことになるので、観察のために見つめていた可能性が高いと言えます。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク




PAGE TOP