2019年3月2日

犬のための音楽がある?犬の聴覚や好きな音、嫌いな音など「犬と相性の良い音」とは1/2

多くの人にとって、音楽は生活に欠かせないものだと思います。

音楽を聴いて癒されたり、励まされたり、幸せな気分になったりしますよね。

では、犬にとって音楽はどのようなものなのでしょうか。

ここでは、犬の聴覚や犬の音楽の好みなどについてまとめました。

犬の聴覚は嗅覚と同じく優秀!

女性がビーグルの耳を触る様子 犬の嗅覚が優れていることは有名ですが、犬は聴覚も人間と比べてはるかに優れています。

特に高い音を聞くことは得意で、人間が16~2万ヘルツまで聞き取れるのに対して、犬は65~5万ヘルツまで聞き取ることができます。

牧羊犬ショーなどで犬笛の音を聞いたことのある方は、遠くからでも高音を聞き分ける様子に見覚えがあるかもしれませんね。

また犬は音の聞き分けも得意で、飼い主の足音と他人の足音をはっきりと区別することができます。

この点においても、犬の聴力はかなり優れているといえるでしょう。


犬が好きな音とは

ギターを弾く女性と白い毛並みの犬 音楽をかけたときに犬が反応していると、「この曲が好きなのかな?」と思いますよね。

しかし、ほとんどの犬は音楽そのものを理解しているわけではありません。

好きな音楽を聴いて飼い主が楽しんでいることを記憶し、同じように反応を見せているだけのケースは多いでしょう。

もちろん、犬に音楽の好みが全くないわけではありません。

2012年にコロラド州立大学で行われた研究では、犬はクラシック音楽を聴くとよく眠れるということが分かりました。

人間がクラシック音楽を聴くと気分が落ち着くのと同様に、犬もクラシック音楽を聴くとリラックスできるようです。

また、普段の耳にする音の中にも犬が心地よいと感じる音は存在します。

例えば、大好きな飼い主がご飯を用意している音、風になびいて葉っぱが揺れる音、散歩するときのリードの音なのです。

よい記憶と結びつきが強い音は、犬を心地よく感じさせるのかもしれませんね。

次のページ:犬が嫌いな音とは

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP