2018年5月14日

犬もイライラする?飼い主ができる工夫とは1/2

犬だって人間と同じで、嫌なことがあればイライラしてしまいます。

可愛い愛犬にはイライラせず、幸せに過ごしてもらいたいものです。

では、犬はどんな時にイライラするのでしょうか。

イライラすること① 過剰に構われる

お手をするパグ 犬は飼い主に構ってもらえるのは大好きですが、知らない人に構われるのは好きではありません。

飼い主には友達でも、犬にとっては知らない人である来客に構われるのはストレスを感じます。

ただでさえ来客は、犬にとって自分の縄張りへの侵入者です。

来客が犬に挨拶しているつもりで撫でるのでも、犬にとっては知らない人に触られるのは不快になります。

また、飼い主の家族でも、子どもや酔っ払いなど、加減を知らない人間にしつこく絡まれるのもイライラの原因です。

寝ている時に触られて起こされるのも、ストレスですし、イライラしてしまいます。

抱っこされるのは好きでも、後ろから覆いかぶさるように抱きしめられるのはマウンティングされていると感じるので、好きではありません。

飼い主からみたら、同じスキンシップでも犬にとっては嬉しかったり、嫌だったりします。

イライラすること② 飼い主の機嫌が悪い

飼い主と犬 犬は飼い主の感情に敏感ですし、優しい動物です。

飼い主が機嫌が悪くてイライラしていると、犬にまで伝わってイライラしてしまいます。

家族で喧嘩してピリピリしていたら、犬もピリピリします。

イライラ、ピリピリしているときは、一呼吸して気持ちが落ち着くまで犬と別の部屋に行っていましょう。

ましてや飼い主が八つ当たりで犬に怒鳴るなんて、とんでもありません。

いつもなら怒られないことを怒られれば、犬にはわけがわからなくなってしまいます。

八つ当たりなんてしない、犬を撫でてで気持ちを落ち着かせているんだという方も、自分の都合で犬を構いすぎてはいませんか?

飼い主の機嫌で犬への態度が変われば、犬も飼い主を信頼できなくなります。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク




PAGE TOP