2018年5月14日

愛犬が他のワンコと遊ばない理由と対策法1/2

犬同士がじゃれあっている姿は、とても可愛く、心が和むものです。

しかし、すべての犬が仲良くできるわけではありません。

中には、他の犬にまったく興味を示さない犬もいるのです。それどころか、逃げ出したり、吠えたりすることもあります。

今回は、愛犬と他のワンコが仲良くできない、遊ばない理由とその対策法について解説します。

他の犬を怖がっている

顔を近づける2匹の犬 愛犬が他の犬と仲良くできない理由のひとつに、恐怖や怯えがあります。

つまり、他の犬が怖いために、仲良くすることができないのです。

これは、生後3ヶ月のうちに、あまり外の世界に触れてこなかった犬に多くみられます。

というのも、生後3ヶ月までの間は、犬の社会化のために重要な時期だと言われています。

その期間のうちに犬同士が触れ合うことで、だんだんと他の犬に慣れていきます。

しかし、ほとんど外に出ないで育った犬は、そうした慣れるための期間がないため、どうしても他の犬に対する怯えを感じてしまうのです。

また、外に出た場合でも、他の犬から吠えられるなどの嫌な体験をしていると、それが原因で怯えるようになることがあります。

この場合、他の犬に対して、とても警戒心が強くなってしまい、見ただけで吠えかかったりもするのです。

アルファシンドロームの可能性

吠える犬 アルファシンドロームは、権勢症候群と呼ばれることもあり、犬の問題行動のひとつです。

アルファシンドロームの犬は、飼い主に対して攻撃的で、吠えたり噛みついたりします。

散歩に連れて行っても、自分の行きたい方にばかり向かう傾向があり、犬と飼い主で綱引きのような状態になることも多いのです。

このような症状があるときは、犬の権勢本能が強くなりすぎていることが問題になります。

つまり、自分に大きな権力があると思っており、飼い主を下にみているわけです。

犬は、もともと群れのトップに立とうとする性質があり、しつけを間違えると、そのような強い権勢本能が育ってしまいます。

そして、アルファシンドロームの犬は、飼い主に対してだけでなく、他の犬に対しても攻撃的になることが多いのです。

自分の方が立場が上という認識があるため、他の犬に会うと、むやみに吠えたり、威嚇したりします。

したがって、仲良くするどころか、他の犬を攻撃しようとする場合には、このアルファシンドロームの可能性も疑われます。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク




PAGE TOP