2018年5月29日

【犬はナゼ穴を掘る?】犬の代表的な習性3つの意味を徹底解説1/2

もともと自然界で群れで暮らしていた犬ですが、生まれ持った『習性』があるということをご存知の方は多いと思います。

具体的にどんな意味があってその行動をしているんだろう…そんな風に思った方は少なくはないと思います。

今回は人間にはない3つの犬の習性を例に挙げ、説明していきたいと思います。


スポンサーリンク

アニコムバナー①

犬の習性とは生まれ持った行動様式や癖

颯爽と走るゴールデンの子犬 犬が生まれ持っている行動様式や癖のことを『習性』といいます。

犬だけではなく様々な動物は人間には理解しがたい行動を見せることが多々あり、それぞれの動物特有の習性があります。

犬にも実に様々な習性があり、具体的見せる不思議な行動について完璧に説明できる方は少ないでしょう。

習性は自分の意思とは関係なく体が反応してしまうもので、それらは『本能がそうさせている』という表現の仕方も間違いではないでしょう。

自然界で群れで暮らしていた犬の習性の大半は、厳しい自然界で生き抜くため『身を守るための行動』として今でも犬には身に付いているとされています。

習性1・臭いを体にこすり付ける行動

飼い主を遊ぶ犬 まず一つ目は、元々自然界で生きてきた犬にとって獲物は生きるために必要なものでした。

その獲物となる動物に近づくときには自分の臭いを消し気づかれないようにする必要があり、体に他の臭いをこすり付けていたといいます。

例えば、臭いの強い獲物の排泄物の臭いを体に付けることに関していうと『自分も仲間』と相手に錯覚させる効果があることから、獲物に近づくことが容易となり狩りの成功率が格段に上がるからだとされています。

また、違う視点での説は捕獲した獲物の場所を犬が仲間に知らせるためだといわれています。

更には、排泄物の臭いを身に付けることで自分の臭いの痕跡をなくし、無事に仲間の元へ獲物を持ち帰る際にも有効だとされていることから、そのような行動をとっていたといわれています。

今は大半の犬が自然界ではなく、飼い犬として生きていますが習性は受け継がれているわけですね。

厳しい自然界で生き抜く動物にとっては、自分の痕跡を残すことは命とりに繋がるとされ特に嗅覚の優れた犬にとっては自分の臭いの痕跡を消す工夫は必要不可欠な行動といえるわけです。

人間からすると、強烈な臭を身に付けるなどという行動を到底理解しがたいものですが、そのような意味があるのです。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク

アニコムバナー①


PAGE TOP