2018年7月2日

犬にも好きな味がある!?毎日同じフードで飽きることはないの?1/2

犬はエサを食べるとき、ガツガツと急いで食べているように感じませんか?

味わったり、おいしいと思ったりしないのかなと考えてしまいますよね。

犬にも味覚はあるのですが、人間の持つ味覚とは異なっているのです。

ここでは、犬の持つ味覚についてご紹介したいと思います。

犬に味覚はある

ドッグフードを食べるアメリカンコッカー 犬が感じることのできる味覚は、甘味、塩味、酸味、苦味と言われています。

人間はこれに加えて、旨味を感じることができます。

旨味を感じる以外は同じように味覚があるのですが、犬の味覚は人間に比べて弱いのです。

それは「味蕾(みらい)」の数が少ないため。

味蕾とは舌や口の中にある、食べ物の味を感じる器官のことで、人間の舌には約10,000個の味蕾があります。

それに対し、犬の持つ味蕾は約2,000個。

味を感じる味蕾の数が少ないので、人間よりも味覚に劣っていると言えるのです。

好きな味、嫌いな味はある

何かを見つめるゴールデン 犬の味覚で一番発達しているのは、甘味を感じる部分だと言われています。

これは犬の舌の構造上、甘味を感じる味蕾が多いため。

アイスクリームや焼き芋といった糖の入ったものを好む犬は多いですよね。

一方、犬が一番嫌う味覚は苦味です。

自然界で生きてきた犬にとって、毒かどうかの判断は非常に重要です。

少しでも苦味を感じたら危険を感じて吐き出してしまうようです。

お薬をなかなか飲まなかったり、吐き出してしまったりするのは、苦味に反応しているのでしょう。

ドッグフードを与える飼い主と犬 また、塩味に関しては、ほとんど感じることがないようです。

これは獲物を狩りしていた時代には、獲物から塩分を摂取することができたので、塩味が発達しなかったのだと言われています。

酸味については敏感に感じとるようですが、それは安全性を判断するためです。

腐っていたら食べられませんから酸味で判断しているようです。

敏感ではあるものの、酸っぱいものが好きというわけではなさそうですね。

また、犬が舌の上のどの部分でどの味覚を感じるか、ということに関してはまだはっきりとはわかっていないようです。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP