2018年12月8日

犬が嫌う屋内のニオイ4選1/2

人間にとっても『嫌だなぁ』『不快だなぁ』なと感じる臭いは沢山ありますよね。

人間が不快だ!と感じる臭いの中で犬も同様に不快に感じてる臭いがありますし、もっと言うと嗅覚が発達した犬は人間以上に臭いをキツく感じてるのです。

さて、犬が嫌だと感じる臭いにはどのようなものがあるのか、具体的に説明して参りましょう。

1.柑橘系や酢などの刺激臭

目をつぶる子犬の柴 基本的に犬は刺激臭が大嫌いです。

中でも代表的なのは柑橘系や酢ですね。

特に柑橘系は人間は大好きな臭いですが、犬は真逆となります。

実は、臭いが嫌いなだけでなく柑橘類の皮に含まれる『柑橘精油』という揮発性の高い物質が犬の嗅覚を過度に刺激し、生理的に不快感を感じたり実際に刺激を受けるからなのです。

酷くクシャミをしたりして離れていくのは、その刺激が辛いからなのです。

その他に『たまねぎ』ですね。

これは犬には食べさせてはいけないものとして知られていますが、食べさせてはいけないだけではなく臭い自体も犬は大嫌いです。

2.タバコの臭いや煙

何かを見つめる子犬 最近では人間界でも分煙化され、タバコの臭いや煙は社会問題にもなっていますね。

これは犬にとっても同じことがいえます。

いくらベランダの外や換気扇の下でタバコを吸っても、飼い主の指先や体に臭いがついていますから犬にはバレバレです。

嗅覚が優れた犬は、その臭いに対して敏感に反応していますよ。また、それを『不快』だとも感じてもいるのです。

不快に感じてるだけではありません。

煙により重度のアレルギー性鼻炎や肺の病気になってしまう犬もいます。

人間の子供と同じですよね。

人間より体の小さな犬は非常にタバコの影響を受けやすいです。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP