2019年3月6日

しっぽを振る、お腹を見せる。気づいて!犬の愛情表現10選1/2

犬は言葉を使って話すことができないからこそ、行動で愛情や信頼を示してきます。

犬の愛情表現にどんなものがあるのかを飼い主さんがご存知でないと、せっかく犬が全身を使ってそれを示していても気づけませんよね。

この記事では、犬が愛情や信頼を感じている相手にどんなふるまいをするのか、その代表的なものを取り上げてご紹介したいと思います。

【犬の愛情表現①】シッポを振る

犬の尻尾
犬は嬉しい時や楽しい時、シッポを左右に大きく振ります。

喜びや嬉しさが大きいほどシッポの振りも激しくなります。

CHECK!
警戒している時も尻尾を振ることがありますが、その際は尾がピンと立っていることが多いようです。

【犬の愛情表現②】前足をかけてくる


テレビを見ていたり、本を読んでいるときに、犬が飼い主のそばに近づいてきて、前足をピトっとかけてきたことはありませんか?

それは大好きな飼い主に甘えたい、かまってほしいのサインです。

CHECK!
この行動は「パピーリフト」と呼ばれるもので、お腹を空いている時にも多く見せるしぐさです。ぺろぺろとしていたらもしかするとご飯の催促?


【犬の愛情表現③】顔を舐めてくる


顔を舐めてくるのは、子犬が母犬の口の周りを舐めるのと同じく愛情や信頼の印です。

舐める以外にも、自分の頭や鼻先を飼い主の顔に軽くコンと当てて愛情や信頼を表わしたりもします。

「やめて〜」「許して〜」といった時にも頻繁に顔を舐めるので、しっぽや顔も合わせて確認してみましょう。

【犬の愛情表現④】笑顔を見せてくる

笑顔を見せる犬
犬が目を細めるようにして飼い主を見、広げた口から牙ではなく舌先をのぞかせているなら、それは犬の笑顔で、一緒にいて楽しい、嬉しいという気持ちの表れです。

CHECK!
耳を後ろに倒すいわゆる「飛行機耳」が一緒に見られたら、最上級の笑顔かもしれません!

【犬の愛情表現⑤】出迎えてくれる


外出先から帰宅すると、玄関で帰りを待っててくれたり、小走りに出てきて出迎えてくれたりする場合も飼い主の帰りを心待ちにしていた証拠で、帰ってきたことが嬉しくてたまらないときに見せる犬のしぐさです。

CHECK!
犬によっては、玄関から部屋まで誘導するような行動をみせます。家族と思っている、可愛らしい行動です。
次のページ:おなかを見せてくれる

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP