2017年7月20日

【小さな子鹿】ミニチュア・ピンシャーの魅力から歴史まで1/3

ミニチュア・ピンシャーはドーベルマンを小さくしたような見た目の犬で、最近じわじわと人気が高まりつつある犬種です。

ルーツも“ドーベルマンを小さくした犬種”と勘違いされる事が多いですが、実はドーベルマンよりも古い歴史を持った犬です。

「ミニピン」の歴史、性格、特徴、寿命とかかりやすい病気、飼育する際の毎日のケアなどをご紹介していきます。

ミニチュア・ピンシャーの基礎知識

ミニチュア・ピンシャーの歴史

ミニチュア・ピンシャーの横顔 ミニチュア・ピンシャーの祖先犬はスカンジナビアにいた小型のテリア種だと言われています。ちなみにピンシャーというのは、ドイツ語でテリアという意味を持っています。

祖先犬は大きな体を持って牛小屋に現れるげっ歯類を駆除していたジャーマン・ピンシャーだと言われており、今から数百年前にドイツで小型化されて、その後もヨーロッパを中心にネズミ取りや番犬として活躍してきた犬です。

ミニチュア化してもなお洗練された容姿を保っているのは選択交配の賜物ですが、19世紀には今とほとんど変わらない姿を手に入れていたと考えられています。

第一次世界大戦の頃のドイツでは、他に追随を許さない人気をほしいままにしていましたが、戦後数が減ってしまいます。

しかし現在その人気は復活し、アメリカでは「トイグループの王者」と異名を持つほど、大変人気の高い犬種になっています。

ミニチュア・ピンシャーの名前の由来

ドイツ語で、「テリア」または「噛むもの」を意味するピンシャーに、小さなという意味のミニチュアをつけたのが名前の由来です。

日本ではよく短く「ミニピン」と略されて呼ばれていますが、日本だけではなく、アメリカ合衆国などの愛好家たちにも短く略したミニピンとして親しまれています。

また、原産国のドイツでは、鹿を意味する「レイ」を冠につけてレイ・ピンシャーと呼ばれています。これはミニチュア・ピンシャーの体が、まるで子鹿のようなスタイルをしているからだと言われています。

ミニチュア・ピンシャーの特徴

水辺で立っているミニチュア・ピンシャー 程よい位置についた耳はピンと直立しており、被毛は短く密生して美しい光沢をもち、体全体を均一に包んでいます。

引き締まった脚は綺麗なアーチ型の指を持っています。断耳と断尾が長く行われてきた犬種ですが、現在は多くの国でこれが禁じられています。

体長と体高がほとんど同じのスクエアタイプの体型が大きな特徴です。

ミニピンの被毛のカラー

雪の中で遊ぶ二匹のミニチュア・ピンシャー ミニチュア・ピンシャーの被毛の色は、赤っぽい色から、濃い茶色まであり、ディアー・レッド、レディッシュ・ブラウン、ブラック&タン、チョコレート&タン、レッドなどが挙げられます。

ミニチュア・ピンシャーのサイズ

パソコンで作業する女性と画面を覗くミニチュア・ピンシャー ミニピンの標準の体高はオスとメス、ともに25~30cm、体重は4~6kgとされています。小さな体ですが、筋肉質で引き締まったボディが魅力的です。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク



PAGE TOP