2017年11月8日

ミニチュアピンシャーとトイ・マンチェスターテリアの違いとは?1/4

ミニチュアピンシャーとトイ・マンチェスターテリアは、どちらもド―ベルマンを小さくしたような見た目をしています。

見た目はそっくりで、本当に違う犬種なのか疑ってしまうほどです。ここでは、そんなミニチュアピンシャーとトイ・マンチェスターテリアの見分け方をご紹介します。

ミニチュアピンシャーとは

ミニチュア・ピンシャーが颯爽と走っている様子

歴史

ミニチュアピンシャーの始まりは17~18世紀頃だといわれており、祖先犬はヘル・ピンシェルだと考えられています。

トイ・マンチェスターをはじめとして、ミニチュア・シュナウザーやジャーマン・ピンシャー、イタリアン・グレイハウンド、ダックスフンドなど多くの犬種と交配を繰り返しました。

現在に近い姿となったのは、19世紀頃のようです。

ミニチュアピンシャーの原産国はドイツで、ピンシャーとはドイツ語で「テリア」を意味します。名前の通りテリアらしい気質をもつミニチュアピンシャーですが、テリア犬として分類されることはあまり多くありません。

愛玩犬としての認識が強い犬種で、ドイツをはじめ世界中に根強い愛好家がいます。

性格

愛くるしい顔をしたミニチュアピンシャーですが、性格は非常に活発で好奇心旺盛です。

とにかく動き回っている犬種で、世界のブリーダーには「脱走の芸術家」とも呼ばれています。

飼い主に対しては忠誠心をもち、従順な態度をとりますが、初めて会う人に愛想をふるまうタイプの犬種ではありませんが、それだけに飼い主の前だけで見せる、甘えん坊な一面がかわいく感じられるでしょう。

飼い方

しつけを怠ると、手に負えない性格になってしまうことがあります。

まずはしっかりと信頼関係を築き、そのうえでしつけを行っていきましょう。その際、叱ると攻撃性が増すことがあるので褒めることを意識しましょう。

身体の小さなミニチュアピンシャーですが、中型犬程度の運動量が必要です。毎日30分ほどを目安に散歩させるほか、遊びなども積極的に取り入れましょう。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP