2017年12月4日

キースホンドについて1/2

キースホンドはイギリス原産の犬種で、ポメラニアンを大きくしたような容姿をしています。

シルバーグレートダークのふわふわの毛と独特な雰囲気が印象的ですね。今回は、そんなキースホンドについてご紹介します。

キースホンドの歴史

草むらを疾走するキースホンド キースホンドは18世紀以降にオランダで番犬として活躍していた犬種で、ライン川を航行する船の番犬でもありました。

しかし、この後は不運にもオランダの歴史に巻き込まれてしまいます。

フランス革命以前、オランダでは政治的な混乱があり、王室党と愛国党の間で争いがありました。

そして、愛国党のシンボルとなった犬がキースホンドです。

ところが争いの末愛国党は敗北してしまい、人々はキースホンドを次々に処分していきました。

そんな中、一部の人の手によってキースホンドは飼育を続けられました。

その結果1933年にはオランダのケンネルクラブに正式に登録され、後にオランダの国犬となったのです。

キースホンドの特徴

こちらを見つめるキースホンド

身体的な特徴

体高43~55㎝、体重25~30㎏のスピッツ系の犬種です。

正方形に近い体型が特徴的で、全身が硬めのオーバーコートと綿毛のようなアンダーコートで覆われています。

また、たてがみのような飾り毛も生えています。

目や耳は小さめで、そのオオカミのような容貌から「ウルフ・スピッツ」と呼ばれることもあります。

性格の特徴

家族によく懐く性格で、飼い主とのスキンシップが大好きです。

ただし見知らぬ人には警戒心を抱くので、吠えたり噛みついたりして威嚇することもあります。

外では活発に活動しますが、家の中にいるときはのんびりと過ごすことを好むようです。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP