2017年6月30日

【獣医師監修】犬の白内障の原因は「加齢」だけじゃない?1/3

監修にご協力いただきました!

櫻井洋平先生

BiBi犬猫病院  院長

2008年3月 麻布大学獣医学部獣医学科卒業

2008年4月〜2013年11月 横浜市内動物病院勤務

2011年4月〜2015年3月 麻布大学附属動物病院 腎泌尿器科・外科 専科研修医として研修

2013年12月〜2015年5月 千葉県内動物病院勤務

2015年7月〜2016年2月 宮城県内動物病院勤務

2016年11月〜 仙台市にBiBi犬猫病院を開院

「白内障」は人にとっても身近な病気のひとつです。もちろん、犬にとっても同様です。

近年は医療や生活環境の向上などにより寿命が延びて、犬も人と同じく高齢化が進んでいます。そのため以前よりもシニア犬が増え、眼が白くなっている犬を見かける機会も増えてきたのではないでしょうか。

ここまでのお話でもわかるように、多くの白内障は加齢によるものですが、実は加齢が原因ではない白内障もあります!(非加齢性白内障)

「愛犬の目が濁ってきたようだけど、まだ若いから白内障ではないよね?」
身近なのにあまり理解されていない病気、犬の白内障についてお話していきます。


スポンサーリンク

アニコムバナー①

犬の白内障の症状とは?

眼の中心が白く濁っているシニア犬の顔 白内障とは“水晶体が白く混濁した状態”のことです。水晶体とは外から入ってくる光を屈折させ、網膜に像をうつすという重要なレンズの役割を担っています。

白内障が進行すると目が見えなくなったり、合併症が生じたりします。

犬は(人と比べると)そこまで視力に頼っていないので、初期の白内障であれば無症状のようにも見えます。一方、進行して合併症を伴っているような状態の場合、色々な症状を示していることもあります。

水晶体が白く混濁する

犬の眼を真正面から見てみると黒目の内側の丸い部分があります。これが水晶体です。白内障になるとこの水晶体の部分が白く濁ります。

水晶体の濁り方によって「初発白内障」「未熟白内障」「成熟白内障」「過熟白内障」に分類されます。

・初発白内障(にごりが15%未満)

初発白内障とは、水晶体の容積の15%未満しか濁っていない状態です。多くは視覚には問題ないことが多いので、飼い主さんが気付いていないケースも多いでしょう。

・未熟白内障(にごりが15%以上)

未熟白内障とは、水晶体の15%以上が濁っている状態です。混濁の場所や程度によっては、視力障害がみられることがあります。見た目でも濁りを確認することができることが多いです。

・成熟白内障(にごりが全体にある)

成熟白内障とは水晶体の全体が濁っている状態で、視覚障害が見られます。見た目でも、水晶体が真っ白になっています。

・過熟白内障(水晶体が溶けている)

過熟白内障とは、水晶体が溶けてしまった状態です。白内障がこの状態まで進行した場合、ブドウ膜炎(目の炎症)などの合併症が一緒に起こっている可能性が高いと言えます。
見た目では、水晶体の部分が溶けて、白く濁って見えます。この状態の場合、検査をし、適切な治療を受ける必要があります。

視力低下による行動の変化(歩き方、散歩への意欲など)

水晶体の濁りの程度によっては、視力低下がみられることがあります。先ほど挙げた段階でいえば、未熟白内障の後期、成熟白内障、過熟白内障では、視力低下が起こります。

視力の低下が起こった場合、以下のような変化が見られることが多いです。

・歩き方がぎこちなくなる
・散歩に行きたがらなくなる
・段差につまずく
・物に身体をぶつけたり、動くものに反応しなくなったりする

しかし、犬は人ほど視力に頼っていないので、水晶体が真っ白に混濁している段階でも知っている場所なら迷いなく歩いていることもしばしば。

ですので、視力の低下が死活問題になっていなくても、上記のような様子が見られている場合は、家具の配置や散歩コースを極力変更しないようにしてあげて下さい。

視力低下による性格の変化(臆病になる、攻撃的になるなど)

視力が低下したことにより、触られるのを極端に怖がるようになる犬もいます。

場合によっては、急に触られた恐怖のあまり噛みついてくるケースもみられます。視力低下がみられる際は、触る前に必ず声をかけるなどの工夫が必要です。

急速に目が見えなくなることも

白内障の進行の程度や、合併症の状態によっては、急速に視力を失うことがあります。理由としては以下のケースが挙げられます。

【1】若齢性に白内障が発症した場合
【2】合併症が一緒に発症した場合があります

【1】若齢性に白内障が発症した場合

多くの白内障は加齢性で進行するものが多いですのですが、その年齢に達する前に白内障になった場合、白内障の進行が速いケースがあります。

数週間から数カ月で初発から成熟白内障に至り、視力障害が出ることがあります。

【2】合併症が一緒に発症した場合

未熟白内障以降の白内障では、合併症が起こる可能性があります。合併症としては、ブドウ膜炎、水晶体脱臼、緑内障、網膜剥離などがあります。

水晶体脱臼、網膜剥離、時には緑内障によって急速に視力が失われることがあります。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク

アニコムバナー①


Qpet協力ドクターの紹介
カテゴリー一覧

PAGE TOP