2017年12月13日

ノーリッチ・テリアについて1/2

ノーリッチ・テリアは、小さくてずんぐりした身体が特徴の小型犬です。

名前からもわかる通りテリア種ですが、日本で飼っている人はあまり多くありませんが、人懐っこくて可愛らしい愛すべき犬種でもあります。

そんなノーリッチ・テリアについてご紹介します。

ノーリッチ・テリアの歴史

ノーリッチ・テリアが二匹並んでいる様子 ノーリッチ・テリアはイギリス原産の犬種で、穀物を狙う害獣を退治する犬として各地で飼育されていました。

この頃のノーリッチ・テリアとノーフォーク・テリアは同じ犬種だと考えられており、トラピントンテリアという名で呼ばれていました。

この名前は、この犬種を飼うことが流行したケンブリッジ大学の近くにある「トラピントン・ストリート」から来ているそうです。

19世紀には「ラグズ」という愛称のトラピントンテリアがイギリス屈指の農業地帯であるノーフォークで大活躍しました。

害獣を退治することで、農業に大きく貢献したそうです。そして、その後は「ラグズ」をもとに繁殖が繰り返されていきました。

ラグズの子孫たちがアメリカに渡ったのは、20世紀のことです。

害獣退治の能力が優れているだけではなく人間に対してもフレンドリーなトラピントンテリアは、次第に高い評価を受けるようになりました。

その後、原産国であるイギリスおよびアメリカでこの犬種はノーリッチ・テリアとして登録されました。

しかしノーリッチ・テリアの中には立ち耳の個体と垂れ耳の個体があることがわかり、立ち耳の犬種はノーリッチ・テリア、垂れ耳の犬種はノーフォーク・テリアとして登録されることになりました。

当時は耳以外が似ている姿をしていた2犬種ですが、現在では多くの点で異なる容姿となっています。

ノーリッチ・テリアの特徴

ノーリッチ・テリアを飼い主が触ろうとしている様子 ノーリッチ・テリアはテリア種の中でも小さな身体をしており、骨格はがっしりとしています。

その為、被毛はダブルコートですが、身体が小さいのでそれほど手入れが難しくはありません。

毛色はレッドやブラック&タン、ウィートン、グリズルなどがあります。

性格は明るく陽気で、遊ぶことが大好きです。テリア種というと気性が激しく扱いづらいイメージがありますが、ノーリッチ・テリアは人間とも他の動物とも仲良くできる社交性があります。

ただし狩猟本能は残っているため、ハムスターなどの小動物を飼っている場合は注意が必要です。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP