2017年12月25日

ワイマラナーについて1/2

ワイマラナーはドイツ原産の犬種で、凛々しい姿が美しい大型犬で、日本で飼っている人は多くありませんが、海外では人気の犬種です。

「灰色の精霊」とも言われるワイマラナーについてご紹介します。

ワイマラナーの歴史

ワイマラナーが木の上で遠くを見ている様子ワイマラナーはドイツを故郷とする犬種です。

犬種の起源ははっきりとは分かっていませんが、1830年代には宮廷で飼われていたと言われています。

しかし、門外不出の犬種として交配されていたこともあり、未だに詳細については判明していません。

もともと狩猟を目的に作出された犬種で、交配にはポインターやセッターが使われていたのではないかと推測されています。

優秀な猟犬であったワイマラナーですが、狩猟の人気が下がったこと等の影響で第二次世界大戦時にはワイマラナーの頭数は著しく減少しました。

しかし、ドイツだけではなくアメリカでも繁殖されていたこともあり、無事に血統を保つことができました。

現在はドッグスポーツ等で優秀な成績を残す犬種として人気となっています。

ワイマラナーの特徴

ワイマラナーが芝生の上で伏せている様子 大型犬の割にはコンパクトな身体をしており、灰色の被毛が特徴的です。

瞳の色も大変美しく、ブルーや琥珀色などがあります。

その気品を感じさせる容姿から、アメリカでは「灰色の精霊」といわれているそうです。

尻尾はアメリカでは断尾することが習慣となっていますが、イギリスやドイツなどの国々では断尾を禁止しています。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP