2018年4月22日

【オーブリの犬】ブリアードの魅力と歴史について1/2

ブリアードはフランス原産の大型犬で、ナポレオンが愛した犬として有名です。

顔全体を覆ってしまうほどの長い被毛が特徴で、優しくおおらかな性格をしているブリアードの魅力から歴史までご紹介します。

ブリアードの歴史

橋の上のブリアード ブリアードの起源については不明な点が多くありますが、8世紀頃にはすでに存在した犬種だといわれています。

その祖先犬はアジアからヨーロッパに連れてこられた牧羊犬だと考えられており、同じくフランス原産のボースロンとは兄弟関係にあるとされています。

フランスでは主に牧牛犬として飼育されており、またオオカミを追い払うにも一役買っていたようです。

しかしながらフランス革命後にはフランス北部の牧場地帯が耕地に変わったため、牧牛犬の必要性は薄れてしまいました。それ以来、主に家庭犬として飼われるようになりました。

第二次世界大戦のときには軍用犬として用いられたため、ほかの犬種のように絶滅の危機に瀕することはありませんでした。

メッセージを伝えたり負傷者の存在を知らせたりする犬として重宝されていたようです。

戦後は、その独特で印象的な見た目から一気に人気犬種となります。

歴史的には牧牛犬や軍用犬として活躍してきたブリアードですが、現在は主にショードッグや家庭犬として飼われています。

日本ではめったに見かけない犬種ではありますが、数年に一回のペースで輸入が行われています。

ブリアードの名前の由来

芝生を走るブリアード 14世紀に、オーブリという名の男が何者かによって殺されました。

そして、その様子を見ていたのがオーブリに飼われていたブリアードです。

周りの人々に自分の飼い主を殺した人物を知らせるため、ブリアードは何日も何日も執拗に犯人のことを付け回しました。

この話は巷で有名になり、やがてフランス国王の耳にも届きます。

そして国王に命令されたことによって、ブリアードは亡き飼い主の敵を取ることができました。

それ以来、当時まだ名前がなかったこの犬種は「オーブリの犬」と呼ばれるようになります。

「ブリアード」という名は、「オーブリの犬」という名が徐々に変化したものだと考えられています。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP