2017年12月4日

子犬がドッグフードを食べなくなった時の原因と対策1/4

前日までドッグフードを食べていた子犬が急に食べなくなることは、決して珍しいことではありません。

ドッグフードの急な食いつきの悪さに、多くの飼い主が頭を悩ませます。

子犬がドッグフードを食べなくなる原因と対策法をご紹介します。

反抗期

ドッグフードが入った容器の隣で子犬が寝転んで前足を伸ばしている様子 個体差がありますが、犬の反抗期は小型犬であれば4~6か月頃、大型犬で9~12月頃に訪れます。

飼い主の言うことを拒絶するようになり、突然トイレの失敗が増える等の行動が始まります。

これは、子犬が群れの意識を始めることで、自我の要求がどこまで通るかを確認していて、結果によって自分のポジションの確認を行います。

突然、言うことを聞かなくなって不安になる飼い主が多いかと思いますが、動揺することなく飼い主と犬の主従関係をしっかりとしつける事が大切です。

なんとか食べさせようとトッピングしたり、高級なフードに変えるなどの行動は逆効果です。

主従関係が逆転してしまい、犬は自分のわがままが通ると考えるようになります。食べなければもっと良い物が出てくると学習し、今後もわがままを繰り返します。

餌を与えてから暫く食べない場合は、さっと下げてしまいましょう。これは、「与えられた時間に食べなければ次の食事の時間まで食べられない」と理解させることが目的です。

おやつ等も与えないように注意しましょう。犬は1日程度食べなくても問題ありません。愛犬の為なので、少しかわいそうに思っても根競べをしましょう。

ホームシック

子犬が窓枠に前足をかけて背伸びをして外の様子を眺めている様子 子犬を家に引き取ってすぐにドッグフードを食べない場合は、ホームシックの可能性があります。

新しい環境に慣れるまでの間に、ストレスが溜まるのは仕方ないことです。食事を無理強いすると、更にストレスを与える場合があります。心配だとしても、様子を見ながらそっとしておきましょう。

ホームシックを和らげるためには、落ち着ける場所を与えて安心させることが重要です。柔らかい毛布やクッションをケージの中に入れて、ゆっくりと休ませてあげましょう。

また、フードは食べ慣れているものを用意してください。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP