2017年12月5日

犬の食器を洗うコツとは?1/2

愛犬の健康を守るためには、食器を清潔に保つことは重要です。

犬の食器の選び方や洗う頻度、食器を洗うときのコツについてご紹介します。

犬の食器の取り扱い方で悩んでいる飼い主の方はご参考ください。

犬の食器の選び方

犬の木製のお皿が置かれている様子 犬のグッズを取り扱っているショップに行くと、さまざまな種類の犬の食器が並んでいます。

食器を選ぶときには形やデザインも大切ですが、洗いやすさも重要なポイントです。

ここでは洗いやすい犬の食器の選び方をご紹介します。

洗いやすい食器

洗いやすい食器を選ぶポイントは素材です。汚れが取れやすい素材のものを選べば、食器洗いにかかる時間を短縮する事が出来ます。

お勧めの材質はステンレス製で、多くの飼い主が、犬にステンレス製の食器を使用しています。

簡単に洗えるだけでなく、持ち運びや耐久度にも優れています。

ただし、軽いステンレス製の食器にはひっくり返りやすいという欠点があります。

やや重めの食器を使いたい方には陶器の食器をお勧めします。こちらも手軽に汚れを落とすことができます。

早食い防止の食器を使うなら

愛犬の早食い防止に、食器を利用している飼い主もいると思います。

早食いすると満腹感を感じにくいので、肥満のリスクや消化器官にも負担が大きくなります。

早食いの防止も重要ですが、早食いを防止する目的に作られた食器は、中に突起があるものや、変わった形状の物が多く洗いにくい欠点があります。

こういった製品を使う場合は、特に念入りに洗う必要があります。



犬の食器は小まめに洗うのが大切

食器の前に犬が立っている様子 犬の食器は、人間の食器と同様に毎回洗ってあげましょう。

ドライフードを与えている飼い主の方の中には、そのままフードをつぎ足す方も居るのではないでしょうか。

食器に食べ残しがある状態にしておくと、細菌が繁殖します。

これによって体調を崩す犬は少なくありません。食器で細菌が繁殖していると新しいフードもあっという間に細菌だらけになってしまいます。

食器がぬめぬめしていたら、それは細菌がバイオフィルムという膜を作っている証拠です。

愛犬の健康のためにも、食器は小まめに洗うようにしてあげてください。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい


Qpet協力ドクターの紹介
カテゴリー一覧

PAGE TOP