2018年1月3日

【弁護士が解説】犬が散歩中にしたフンにまつわるトラブルについて1/2

監修にご協力いただきました!

平成15年3月 東北学院大学法学部 卒業
平成17年3月 東北学院大学法学研究科 修士課程 修了
平成17年10月 司法試験 合格
平成19年10月 石井慎也法律事務所 入所
平成24年3月 法律事務所絆 入所
平成28年8月 はづき法律事務所 開設

愛犬の散歩中のフンの処理は、愛犬家の最も基本的なマナーですよね。

犬用のうんち処理袋やマナーバッグなど、便利なグッズもたくさん販売されています。

しかし、一部では、きちんと処理せずに放置して去ってしまうマナーの悪い飼い主もいるようです。

中には、これ見よがしにうんち袋を携帯して周囲の目を誤魔化しつつ、実際には一度もフンを拾わないという悪質なケースも…。

今回は、散歩中のフンの処理に関するトラブルについてお話しします。

愛犬のフンを放置したら処罰される?

散歩中のアメリカンコッカースパニエル 道路に放置された犬のフンを目にするのは、愛犬家であっても、もしくは愛犬家であればなおのこと、不愉快なものです。

一般的には愛犬家のマナーの問題と言われるこの話、法律的には問題ないのでしょうか。

廃棄物の処理及び清掃に関する法律

いわゆる廃棄物処理法では、廃棄物を「ごみ、粗大ごみ、燃え殻、汚泥、ふん尿、廃油、廃酸、廃アルカリ、動物の死体その他の汚物又は不要物であって、固形状又は液状のもの」と定義しています。
(廃棄物処理法第2条1項)

したがって、形式的には、犬のフンは廃棄物に該当し、「何人も、みだりに廃棄物を捨ててはならない」(同法第16条)との定めがありますので、これに違反すると5年以下の懲役または1,000万円以下の罰金が科せられることになりそうです。
(同法第25条1項14号)

もっとも、大量のフンを投棄したというのであればともかく、散歩中の犬のフンを拾わなかったくらいで廃棄物処理法違反と評価するのは難しく、同法違反の責任を追及されるというのは現実的な考えではないでしょう。

軽犯罪法

森の中を散歩する犬と飼い主 その他、該当する法律はないか探してみますと、軽犯罪法に「公共の利益に反してみだりにごみ、鳥獣の死体その他の汚物又は廃物を捨てた者」を拘留又は科料に処するとありますので(軽犯罪法第1条27号)、犬のフンを放置することは同法に抵触しそうです。

ただ、この場合も、「公共の利益に反して」という文言がありますし、もともと軽犯罪法は極めて軽微な犯罪を規定しており、各違反行為が日常生活において犯され易いものであることに鑑み、抑制的に運用される傾向がありますから、散歩中の犬のフンを放置したことで直ちに同法違反の責任を問われることは、やはり考えにくいと言えるでしょう。

条例

そこで現実的には、各自治体が条例として飼い主による犬のフン放置を禁じていることが多く、自治体によっては、その中で罰則まで定めていることがあります。

罰則としては、1~5万円程度の過料や罰金が多いですが、勧告に従わない場合は氏名等を公表するとしている条例も少なからずあるようです。

平成25年11月には、大阪府泉佐野市がふん害防止のために元警官を巡視員としてパトロールさせていたところ、同月15日に初めて、条例に基づき、犬のフンを放置して立ち去ろうとした飼い主の男性から5千円の過料を徴収したことがニュースになりました。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:髙城晶紀
宮城県仙台市のはづき法律事務所代表。
男女問題や相続、借金などの一般民事事件及び刑事事件に対応。
ペットを巡る法律問題に関するご相談・ご依頼も多数。 動物との共生を考える弁護士の会・東北(通称・ハーモニー)に所属。


合わせて読みたい

PAGE TOP