2017年12月3日

愛犬に合った首輪選びのコツ1/2

犬の首輪は色々な種類のものが販売されているので、どれを買えばいいのか迷ってしまうと思います。

つい可愛らしいデザインのものを買いたくなってしまいますが、大切なのは愛犬に合った首輪を選ぶことです。

ここでは犬の首輪の素材や種類、および愛犬に合った首輪の選び方をご紹介します。

犬の首輪の素材

首輪をつけた黒い犬 首輪の素材としては革やナイロン、布、金属の鎖などが挙げられます。

革、布、ナイロンは時間が経つと徐々に劣化してくるので、散歩中にいきなり切れてしまう可能性があります。

また、革は水に弱くカビが生えやすいので常に清潔にしておくことが大切です。

耐久性があるのはやはり金属の鎖ですが、皮膚が弱い犬には向きません。また、金属アレルギーを持つ犬もいるので注意が必要です。

犬の首輪の種類

飼い主を見上げるビーグル 犬の首輪には7つの種類があります。それぞれの特徴をみていきましょう。

ベルト

ベルトは最も一般的な首輪で、人が使用するベルトと同じ構造をしています。迷ったらこのタイプを選ぶことをおすすめします。

バックル

プラスチック部分でカチッと留められるタイプで、素材は布です。比較的安価なのがメリットですが、犬が噛むと壊れやすいのが難点です。

チェーンチョーク

鎖タイプの首輪で、引くと首が締まります。効率よくトレーニングをするのに適していますが、素人が使うのはやや難しいようです。

ハーフチョーク

半分が鎖、半分が革や布でできているタイプのチョークです。チェーンが直接犬の肌に当たらず、肌の弱い犬にも使えるのがメリットです。

マーティンゲール

チェーンチョークと似ていますが、鎖の代わりに布やナイロンを使用しています。すべての犬に使用可能で、欧米でポピュラーなタイプの首輪です。

スパイクチェーン

首輪の内側にとげとげとした突起がついているタイプで、引っ張ると犬が噛まれたような感覚に襲われます。トレーニング用の首輪なので、普段使いにするのはやめましょう。

ジェントルリーダー

口に巻いて使用するタイプの首輪で、こちらもトレーニング用に作られています。効果的なトレーニングができますが、着用を嫌がる犬も少なくないようです。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP