2018年4月6日

ブリーダーから犬を迎える際の注意点1/2

ブリーダーから犬を迎えるときには、ワクワクした気持ちでいっぱいだと思います。

しかし、新しい環境で暮らす犬は不安でいっぱいなことを忘れてはいけません。

ここでは、ブリーダーから犬を迎えるときの準備や犬を受け取る方法、そして犬を迎えた後の注意点についてご紹介します。

ブリーダーから犬をお迎えするときの準備

小屋の中の犬 犬を家族として迎えることが決定したら、まずは家の中の飼育環境を整える必要があります。

犬を飼育するために必要なグッズを、お迎えする当日までに揃えておきましょう。

犬を迎える前に揃えておきたいものとしては、ケージ、トイレ、ベッド、食器、首輪、リード、ドッグフード、おもちゃなどがあります。

また、季節や犬種によっては犬服も用意しておくといいかもしれません。

そして、犬種についての知識を深めておくことも大切です。

基本的な特徴や性格などをしっかり把握しておきましょう。

分からないことがあったら、遠慮なくブリーダーに聞いてみてください。

ブリーダーから犬を受け取る方法

クレートの中の犬 犬舎でブリーダーから犬を受け取るときには、クレートを持っていきましょう。

公共交通機関を利用する場合はもちろんのこと、徒歩や車の場合も必ずクレートに入れてください。

また、ペットシートも持参するようにしてください。

ブリーダーの犬舎から遠くに住んでいる場合は空輸か陸送から選ぶことになりますが、犬を空輸することはあまりおすすめしません。

犬を飛行機に乗せることは可能ですが、過去には飛行機に乗った犬が死亡した例もあります。

時間はかかりますが、できれば陸送を選ぶことをおすすめします。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP