2018年8月9日

ペット霊園の選び方や種類について1/2

ペット霊園とは、ペットが亡くなったときに葬儀や火葬、納骨、埋葬、供養などをする施設のことです。

犬や猫はもちろんのこと、小鳥や爬虫類、両生類などのペットの供養を行っているペット霊園も多くあります。

ここでは、ペットが亡くなったときに多くの人が利用するペット霊園についてまとめました。


スポンサーリンク

アニコムバナー①

ペット霊園の火葬について

何かを見つめる犬 多くのペット霊園では、立会個別火葬、一任個別火葬、合同火葬の3種類の火葬を行っています。

立会個別火葬

立会個別火葬では、家族の立会いの下で個別に火葬を行います。

また、お骨上げも家族の手で行います。

一任個別火葬

一任個別火葬では、ペットの火葬を担当スタッフに一任します。

なお、火葬はペットだけで個別に行います。

合同火葬

ほかのペットと一緒に火葬をするのが合同火葬です。

合同火葬ではペット同士のお骨が混じってしまうため、基本的に返骨してもらうことはできません。

納骨・埋葬について

床に伏せて眠る犬 納骨・埋葬の方法にも多くの種類があります。

ペットのことを考えながら納骨・埋葬方法を選んであげてください。

納骨堂

納骨堂は、ロッカー状あるいは棚状になっている屋内の納骨施設です。

仕切りのある個別タイプまたは合同タイプがあり、個別タイプであればお花などで自由に飾りつけをすることができます。

納骨堂で安置する場合には、契約期間についても確認してください。

お墓

お墓には個別墓地や合同墓地などがあり、動物の種類ごとにお墓を分けているペット霊園もあります。

料金は、複数のペットが埋葬される合同墓地のほうが個別墓地よりも安くなっています。

また、人間とペットが同じお墓に入れる供養墓を設けているところもあります。

散骨

動物の供養では、散骨も一般的な方法です。

散骨できる場所を提供しているペット霊園もあります。

自宅供養

お骨を持ち帰って自宅で供養するのが自宅供養です。

庭に埋葬する、室内やベランダでお骨を安置するなどの方法があります。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、ペットとの暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク

アニコムバナー①


PAGE TOP