2018年7月10日

犬と花火大会に行ける?犬が花火を怖がる理由と対処法1/3

夏の風物詩の一つとも言える花火。今年も、海に山など愛犬と一緒に色んな場所にお出かけした愛犬家の方も多いのではないでしょうか。

花火大会にも愛犬と一緒にお出かけしたい飼い主の方に、チェックリストをご紹介します。

花火大会に行く前に必ずチェック

ラブラドールレトリバーがこれから祭りに行くといった感じの様子 「愛犬と花火大会を一緒に楽しみたい」とお考えの皆さん、花火大会に出掛ける前にチェックをお願いします。

音を怖がる犬ではないか

フレンチブルドッグが何かにおびえているように見える様子
犬は嗅覚に限らず、聴覚も良い動物です。

環境の変化にとても敏感で、特に大きな音に過剰な反応を見せる犬は多く、その聴覚は人間の7倍前後聴こえるとの説もあります。

普段の愛犬の様子を思い返してみてください。花火に限らず、大きな雷などの音を怖がった様子はないでしょうか?

怯えていたり、吠える様子が見られるのであれば、花火大会に連れて行くのを控えた方がいいでしょう。

音に慣れさせる

ブル・テリアがヘッドフォンをしている様子 一緒に花火大会にお出かけするなら、まずは段階を踏んで愛犬が音を怖がらないようにしましょう。

雷の日は抱きしめてあげる

雷の大きな音がするような嵐の日に、愛犬が怖がる様子を見せていたらそっと抱きしめてあげてください。

飼い主が不安になっていないことを体で伝えてあげる事で、愛犬も大きな音に怯えなくなる事があります。

花火大会の日に外に出してみる

家の近くで花火大会が行われるときがあれば、庭や家の前などの外に出して様子を観察してみてください。

少しでもパニックになりそうな気配があれば、リードを引き寄せて抱きしめます。花火の音が怖くないことをしっかりと教えてあげるのが大切です。

この時点で怖がる様子を見せている間は、花火大会に連れて行くのは控えたほうがいいでしょう。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク




Qpet協力ドクターの紹介
カテゴリー一覧

PAGE TOP