2019年3月1日

次はいつ?ペットや愛犬の供養「忌日のお参り」のタイミングについて1/2

愛犬との永遠の別れ。

悲しいけれども、自分のそばでせいいっぱい生きてくれた愛犬に感謝を込めて精一杯の供養をしてあげたいと思う方も多いのではないでしょうか。

今回はペットを供養する際に気になる“忌日”、初七日や四十九日についてとその日のお参りの仕方や供養の方法についてご紹介していきます。

【ペット供養】忌日とは

卓上カレンダー 仏教の考え方では、亡くなってから7日ごとに忌日を迎えます。

この日に行われる法要を忌日法要といい、遺族は家族がなくなってから7日ごとに追善供養として法要を重ねて故人の冥福を祈ります。

なぜ7日ごとなのかということには諸説ありますが、古代インドでは7進法が取り入れられていたからという説が有力とされています。

お釈迦様は菩提樹の下でさとりを開かれてから、7日ごとに場所を変えながら瞑想を進め、49日の間に悟りの境地を味わったことから、忌日法要を行うようになったと言われています。


【ペット供養】忌日の種類

忌日は7日ごとに存在します。具体的には次の通りです。

仮に2018年3月1日が命日として想定してご紹介します。

例)
2018年
3月1日 命日
3月7日 初七日
3月14日 二七日(ふたなのか)
3月28日 三七日(みなのか)
4月4日 五七日(ごなのか)=三十五日
4月11日 六七日(むなのか)
4月18日 七七日(なななのか)=四十九日
6月8日 百か日
2019年 3月1日 一周忌
2020年 3月1日 三回忌(※二回忌はありません)
2024年 3月1日 七回忌

このように49日が経つまで毎週1回法要があるイメージです。

この法要の中から、初七日、四十九日、1周忌の法要を行う場合が最も多いとされています。

宗派や地域によっても異なりますが、亡くなった後に通夜、葬儀、火葬を行い、四十九日までは自宅に一度お骨を連れて帰って、四十九日の後に納骨されるのが一般的です。

近年では、初七日や四十九日を省いて葬儀の日に済ませるケースも増えています。

次のページ:【ペット供養】ペットの忌日のお参りの仕方

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP